料理上達のステップ。レシピを覚えるこつ

今から何も見ずに料理してください!あなたは何品おかずを作れますか?

「えっ…と、お好み焼きくらい…」ひとり暮らしを始めたての私はこんなもんでした。
そんな私も、レシピを覚えてレパートリーをどんどん増やすことができた、ちょっとしたコツを紹介します。

レシピを覚えられないワケ

レシピを見ながら料理をし、いつまでたっても上達してる感じがしない。
よし。レシピを覚えようって思っても、結局毎回レシピを見ないとわからない。
覚えにくいのもそのはず。色々なところに載っているレシピは、調味料の順番も分量も様々。ネットを探せばレシピが大量にありすぎて、何が正しいのやら。。
同じ“切り干し大根のレシピ”でも、少し書き方が違うレシピがたくさんある。
料理初心者の頃はよく困惑していました。
色んなレシピがありすぎるので、ピンポイントで覚えていくのは、大変なのです。

レシピを自分のものにするためには?

私がレシピを覚えるためにやったことを紹介します。

基本のレシピを知る

まずは基本と言われるレシピを知りましょう。もしかしたらそのレシピはあなた好みではないかもしれません。でも、基本を知ってからあなた好みの味にすればいいんです。基本をおさえないとアレンジもできません。

覚えやすい分量の料理から覚える

私がはじめて覚えた、簡単でおいしいって感動したレシピ。ナスの南蛮醤油:砂糖:酢=1:1:1のタレを作り、小麦粉をまぶして揚げ焼いたナスを絡めるだけ。これなら覚えられますよね。こういうレシピから覚えていくと、自分も上達した気分になるので気持ちもいいです。

味を覚える

分量を覚えたら、ちゃんと味を覚えます。甘じょっぱい南蛮ダレは、醤油と砂糖と酢でできている。確かに混ぜたらそんな味。。という感じに。

他のレシピと何が違うかを知る

レパートリーが増えてきたら、何か似ているレシピが出てきます。そしたらちょっとレシピを比べて見て下さい。
このレシピはあのレシピに豆板醤を入れて、ピリ辛になってるだけ。とか。発見がありますよ。

私はこんなコツをつかんでから、レシピを見ないでできる料理を増やすことができました。
レパートリーが増えるのは楽しいですよ。

スポンサーリンク