2週間1セットで考える。一人暮らしの作り置き

一人暮らしの作り置きおかずは、1人で食べきれる量を効率よく作るのがポイントです。
実践していた作り置きのコツを紹介します。

読んでもらいたい方

  • 一人暮らしの方
  • がっつり作り置きじゃなくて、少しの時間で作り置きしたい方

一人暮らしの作り置き

作り置きに毎週2〜3時間かけるのって結構キツいですよね。休日は時間をもっと有効に使いたいし、遊びたいし、何よりも休みたい。
私はSEで一人暮らしの頃、定時に仕事が終わる事はほぼなかったですが、週末の作り置きのおかげで、毎日お弁当を持参していました。食費も1ヶ月1万円ちょっとで過ごしていたと思います。
その頃に実践していた方法をご紹介します。

2週間で1セットの作り置きを意識する

一人暮らしの作り置きって実は難しいんです。作り置きするおかずは、1品に対してある程度の量を何品か作った方が効率的ですが、少しの量を品数多く作るのは非効率です。かと言って多く作りすぎると、1人で食べきれずに腐らしてしまいます。

なので私は、日持ちするおかずを多めに作る週(2時間)作り足す週(1時間)を交互に、作り置きを実践していました。
そうすると、時間も節約できて、おかずを腐らせることも減りました。

日持ちするおかずを多めに作る週

この週はだいたい、6品を2時間くらいで調理し、洗い物まで終わっていました。
7〜10日くらい日持ちする副菜を2〜3品、少し日持ちする副菜を1〜2品、メインを2品作ります。
私は当時、平日5日のうち1回くらいは、仕事から帰宅後メインのおかずを作っていて、メインのおかず3種類を5日ローテーションして食べていました。

この週の作り置き例

日持ちする副菜

切り干し大根保存容器大

ひじきとゴボウのつくだ煮保存容器大

きんぴらごぼう保存容器小

少し日持ちする副菜

小松菜の炒めもの保存容器小

メインのおかず

煮込みハンバーグ保存容器大

とりむね肉のからあげ保存容器大

次の週に持ち越せるような、日持ちする副菜を2〜3品作ることで、多めに作っても食べきれて、翌週の作り置きも楽になります。
メインのおかずは冷凍しやすいハンバーグやからあげを作り、週の後半で食べきれなさそうな分は冷凍保存に切り替えます。そうすると冷凍保存したメインのおかずは翌週以降も美味しく食べられます。

作り足す週

日持ちするおかずを作った翌週は、1時間くらいで副菜を2〜3品、メインを2品作ります。
この週の外食の予定と前の週に何が残っているかを確認して、食べきれる量を作ります。
例えば、前の週に作った、切り干し大根、ひじきとゴボウのつくだ煮、きんぴらごぼうが冷蔵庫に残っていて、ハンバーグが冷凍庫にあるとします。

この週の作り置き例

日持ちする副菜

かぼちゃの煮物保存容器大

少し日持ちする副菜

ほうれん草のごま和え保存容器小

メインのおかず

味噌豚保存容器大

鮭の竜田揚げ保存容器大

残っている副菜はそろそろ食べきらないといけないので、副菜は日持ちするかぼちゃの煮物とあと1品。
メインは2品作ります。この週は冷凍庫にハンバーグもあるので、平日にメインを作らなくても大丈夫。
という感じで、冷蔵庫にあるおかずがどれくらいあるかを把握して作ります。
また、この週は先週作っているおかずを優先的に食べるようにします。

そして翌週は2時間作り置きをする週・・というように、2週間で多めに作る週、少なめに作る週と交互に繰り返してやっていくと楽な週もできるので、週末の作り置きを続けられると思いますよ。

少しはお役に立てると情報が見つかっていれば嬉しいです。

スポンサーリンク