【週末作り置きの一週間】1.買い出し前の在庫チェック

一週間の作り置きで実践している方法を紹介します。この記事では一週間の作り置き前の食材チェックについて記載しています。
とても基本的なことですが、食材を腐らせてしまわないように、ざっとでも確認することが大切です。

もくじ

1-1.冷蔵庫の残り野菜などの在庫チェック

私が週末作り置きをする時には、その週に購入した野菜はなるべく調理してしまって、翌週まで残さないようにしていますが、たまに半端に野菜を残してしまうこともあります。半端野菜はすぐにでも使ってしまいたいので、今週作るおかずに使うようにします。
また、玉ねぎやいも類、にんじんは、涼しいところで数週間保存できるため、まとめて買うこともあります。買ったことを忘れてしまって、うっかり傷んでしまわないように、週に一回は野菜の状態を確認して、使う必要があれば調理してしまうようにします。

1-2.冷蔵庫の残りおかずの在庫チェック

先週作ったおかずが残っているかどうかを確認します。
きんぴらや、ひじくきとゴボウのつくだ煮などの日持ちするものであれば週の前半に食べてしまいます。
冷凍保存可能な、ハンバーグからあげが残っていれば、冷凍保存に切り替えます。週の途中で余りそうなのがわかっている場合は、途中から冷凍保存に切り替えることもあります。

このように週によってはおかずが残ることもありますので、なるべく日持ちするおかずから食べていき、日持ちするおかずを残すのも重要なポイントです。

1-3.冷凍庫のストック野菜の在庫チェック

冷凍ものの野菜を使用している場合はここもチェックします。
私の場合、冷凍スイートコーン、冷凍えだまめ、小ネギは常備しています。小ネギは、小口切りにしてタッパーに入れ、冷凍保存しています。

冷蔵庫の残り野菜などの在庫チェックと同様に、今週使わないといけない野菜は、今週のおかずに使うと考える必要があります。

1-4.冷凍庫のストックおかずの在庫チェック

私の場合、1-2で冷凍保存したおかずが、引き続き残ってしまっている場合があります。
冷凍保存すると、つい忘れてしまいがちですが、おかずを作ってから3週めくらいには食べきりたいところです。
食べきる必要がある場合は、作るおかずの数を減らします。

1-5.常温保存の乾物の在庫チェック

私の場合、芽ひじき、切り干し大根を常備していて、たまに高野豆腐もあります。
芽ひじき、高野豆腐は開封してからも味がおちにくいですが、切り干し大根は開封してから変色しやすく味も変わりやすいので、状態を見て今週のおかずに使うかどうかを判断しています。

家に何があるのかを確認するだけですが、ざっとでも見ておくと食材のムダを減らせます。
使うべき食材、残ったおかずがわかれば、次に何品作るかを考えます。

スポンサーリンク