節約一品。豆苗と油揚げの中華風炒め物

一度買えば育ててさらに食べられる豆苗を使った節約レシピ。食べやすい中華風の味付で、お弁当の緑系彩りおかずとしても使えます。豆苗は年間を通して価格が安定しているので、他の野菜が高騰している時に助かる野菜です。

豆苗と油揚げの中華風炒め物の常備菜・作り置きレシピ

冷蔵保存:3

スポンサーリンク

材料(保存容器中1個分

豆苗1袋

油揚げ(メモ12枚

にんにく大1粒

◎うまみ調味料小1/2

◎オイスターソース大1/2

ざっくり作り方

豆苗は根元から切り落とし、半分の長さに切ります。油揚げは縦半分に切り、細切りにします。にんにくはみじん切りにします。

フライパンに少し多めの油を熱し、にんにくを入れて香りが出るまで炒めます。

2に油揚げを入れて、焦げ目が付くように焼き付けながら炒めたら、豆苗も入れます。

3に◎の調味料を入れて強火で炒め合わせて(メモ2)、完成。

お料理メモ

メモ1:油揚げの保存

何枚かまとめて売られている油揚げは、まとめて切って、油抜きをし水分をよく拭き取ってから冷凍保存しています。
油抜きは、ざるに入れ、上からさっと熱湯をかけています。
冷凍保存をする際は、ジッパーやチャック付きの袋に入れ、空気を出来る限り抜いてから袋を閉じ、冷凍庫に入れます。
ただし、時間がたつと冷凍庫のにおいが多少ついてしまうので、早めに使い切ることをおすすめします。

メモ2:炒める時の火加減

豆苗は、入れてから強火で1分弱さっと炒めるとシャキシャキっとした食感になります。

今回使った保存容器

野田琺瑯のレクタングル深型Sを使っています。
副菜にちょうど良いサイズです。レシピの分量で容器の半分より少し多いくらいです。

noda_f_s

商品名:レクタングル深型S ホワイトシリーズ

容量:500ml

レンジ×/オーブン◯/スタッキング△

スポンサーリンク