簡単なのにしっかりおいしい。鮭の西京焼き

漬けておいて焼くだけで、きちんと和食のおかずができます。一見難しそうな西京焼きも、一回作ってみると簡単ですよ。

sake_saikyo

冷蔵保存:5

材料(保存容器大1個分)

4切

◯白みそ約大4

◯酒大2

◯みりん大1

◯砂糖小1

◯醤油小1

ざっくり作り方

鮭はお弁当に入れる場合は骨を抜き、適当な大きさに切っておきます。

保存容器に◯の材料を混ぜ合わせて1を漬け、できれば一晩漬けます。(メモ1

オーブンを190度に余熱しておきます。(メモ2

天板にクッキングシートをひき、皮目を上に鮭を並べて、190度で10〜15分焼いて、完成。

お料理メモ

メモ1:漬けておく方法

鮭にまんべんなく調味液がいきわたるようなら、ジップロックや、琺瑯素材の保存容器など、お手持ちの保存グッズをご使用下さい。
漬けておいた状態で保存するなら、小分けしてジップロックが便利です。
冷凍保存したものを調理する場合は、始め低温で長めに焼くと良いです。

メモ2:調理方法

手順ではオーブンを使用していますが、もちろん魚焼きグリルでもフライパンでも調理できます。

魚焼きグリルの場合
味噌が焦げやすいので、中火で10分ほど様子を見ながら焼いて下さい。

フライパンの場合
鮭を直接フライパンに置くと、焦げてしまうので、油をひかずにクッキングシートをひいて、その上に鮭を並べます。
皮目から焼きたいので、皮目を下にします。
中火でふたをし、5分程度したら様子を見て、ひっくり返して焼きます。

オーブンを持ってないころは、よくフライパンでこの焼き方をしてました。様子を見ながら調理して下さいね。

スポンサーリンク