しっかり味の甘酢ねぎだれ肉団子

下味をしっかりつけた揚げない肉団子。いっぱい作って冷凍保存も。レシピではオーブンを使いますが、フライパンで揚げ焼きにしても作れます。

negidare_nikudango

冷蔵保存:5

材料(保存容器大1個分

合挽き肉約500g

長ネギ(たね用)細1本

◯中華スープのもと小1

◯醤油小1

◯にんにくチューブ2cm

◯片栗粉(つなぎ用)大1

◎長ネギ細2本

◎調味酢100ml

◎砂糖大2

◎醤油大1.5

片栗粉(とろみ用)大1

ざっくり作り方

長ネギはみじん切りにします。ひき肉に長ネギと◯の材料を加え、よく混ぜ合わせます。(メモ1)。オーブンは220度に余熱します。

1のひき肉を直径3〜4cmに丸めて、クッキングシートをひいた天板に並べ、220度で15〜20分程度焼きます。

焼いている間にタレを作ります。フライパンに少量の油を熱し、長ネギを炒め、◎を加えます。

水溶き片栗粉(メモ2)を加え、3のタレにとろみをつけます。

焼きあがった肉団子にタレをからめて、完成。お好みで小ねぎを散らします。

お料理メモ

メモ1:肉団子のたね

ハンバーグミートボールのような料理でひき肉を成形するときには、ひき肉と材料を混ぜ合わせたら、冷蔵庫で1時間程度冷やすと扱いやすくなります。
成形するときは手を濡らすと、ひき肉が手のひらにくっつきにくくなるので楽ですよ。

一緒に混ぜ合わせた中華スープのもとは混ざりにくいので、少量のお湯で溶いて混ぜ合わせています。

メモ2:片栗粉のとろみ付け

片栗粉でとろみをつける時は、必ず火を止めて混ぜ合わせるようにしています。
加熱しながら片栗粉を入れるとダマになりやすいので、調味料にまんべんなく混ぜ合わせてから火にかけると良いです。

水溶き片栗粉は、片栗粉と水を1:1に混ぜ合わせたものを使います。
たくさん水分を入れると味も薄まってしまうので、少しずつ入れてとろみを調整して下さいね。

メモ3:アレンジ

nikudango_arange
肉団子にあきたら、こんなアレンジも。
肉団子6個くらいと卵2個、小ネギを使います。
フライパンに肉団子を少しほぐしながら炒め、といた卵を入れ軽く混ぜ合わせて、お好みの固さになるまで火にかけます。
最後に小ネギを散らします。
味付けを濃いめにしているので、調味料を足さなくてもおいしいです。

スポンサーリンク