定番常備菜。ねかせておいしい簡単酢ごぼう

ぽりぽりした食感が美味しい酢ごぼうです。ごぼうの副菜は日持ちが長いので嬉しい。茹で時間がそこまで短くないので、調理時間は15分くらいかかりますが、手順は簡単ですよ。

sugobou

冷蔵保存:7

材料(保存容器中1個分

ごぼう中太1本

◎調味酢大1

◎醤油小2

◎砂糖大1/2

◎白だし小1

◎いりごま大1/2

ざっくり作り方

ごぼうは皮をむき(メモ1)、5cmくらいの長さに切り、さらに縦半分に切ったら、水にさらしておきます(メモ2)。

鍋にお湯を沸かし、沸騰したら1の水気を軽く切り、7~8分茹でます。

ボウルに◎の調味料を入れて、全て混ぜ合わせておきます。

2のごぼうが茹で上がったらざるに上げ、水気を切ります。

3に4を温かいうちに入れて、混ぜ合わせたら、完成。

お料理メモ

メモ1:ごぼうの皮のむき方

ごぼうは持ちやすい長さに切り、泥付きごぼうなら先に土を落とすくらいに水で洗います。
土をとったごぼうを水にさらしながら、包丁の背をあててそぐようにすると、薄く皮だけむけてくれます。

その他にくしゃくしゃにしたアルミホイルをごぼうにこすりつけてやる方法もあります。
シンクが広くない場合はアルミホイルでやる方がスペースを取らないのでやり易いと思います。

メモ2:ごぼうのあく

ごぼうは切ったそばから変色していくので、切ったらなるべく早く水にさらすようにします。私はいつも切る前にボウルに水を張ってます。
茹でる前に、水の中でごぼうを揉んでやると結構あくが取れる気がします。
長時間水にさらす必要はなく、茹で水が沸騰する時間くらいまで水にさらしておけば大丈夫です。

今回使った保存容器

野田琺瑯のレクタングル深型Sを使っています。
長時間酢に漬けておくので、ホーロー素材やガラス素材の保存容器が便利です。
食べる時は下の調味液に浸かっている方から食べると最後まで美味しく頂けます。

スポンサーリンク