簡単ジューシー。煮込みハンバーグ

お弁当にも使える煮込みハンバーグのレシピ。ハンバーグと煮込みソース、どちらも作り方はシンプルなので、見た目より簡単にできます。
記事の後半には、ハンバーグがジューシーになるタネの作り方や、料理動画もあります。

煮込みハンバーグの常備菜・作り置きレシピ

冷蔵保存:5

材料(保存容器大1個分

(タネ)

◯合挽き肉(メモ1約300g

◯にんじん1/2本

◯たまねぎ1/4個

◯たまご1個

◯パン粉1/2カップ

◯ナツメグ少々

(ソース)

◎ケチャップ100ml

◎白ワイン100ml

◎中濃ソース50ml

◎砂糖大1(メモ2

ざっくり作り方

にんじん、たまねぎはみじん切りにします。耐熱容器にいれてふわりとラップをしたら、500wレンジの場合で3〜4分ほど加熱します。加熱後はラップをとって冷ましておきます。

ボウルでタネ(◯)をしっかりと混ぜ合わせ、冷蔵庫で1時間ほど寝かせます。(メモ3

ソース(◎)を鍋に入れ、弱火で3〜5分ほど火にかけます。

2を成形し、フライパンに並べて強火で約2分焼き、裏返してふたをしたら中火で3〜4分焼きます。(メモ4

4を3へ入れ、弱火で10〜15分煮て、完成。

お料理メモ

メモ1:ひき肉の種類

ひき肉は合挽き肉、牛ひき肉、豚ひき肉の中でお好みのものを使ってください。豚肉の割合が高くなると淡白でクセが少なくなります。反対に牛肉の割合が高くなるとコクが出ます。

メモ2:砂糖の分量

ケチャップや中濃ソースに甘みがあるので、分量は調整してください。初めて作るときは、砂糖抜きでソースを作ってみて味見することをオススメします。

メモ3:タネの作り方

ボウルを氷水などで冷やすと、混ぜ合わせるときに手の熱がタネに伝わりづらくなります。混ぜ合わせたあとは、時間があれは1時間、ない場合でも30分ほど寝かせると、味が馴染んで成形もしやすくなります。

メモ4:成形と焼き加減

成形はお好みの大きさで大丈夫です。お弁当に入れる場合は直径3〜4cmくらいにすると良いですよ。
また、煮込むときに中までしっかりと火が通るので、焼き加減はそれほど気にしなくて大丈夫です。

今回使った保存容器

野田琺瑯

商品名:野田琺瑯 レクタングル浅型S ホワイトシリーズ

容量:800ml

動画