つまみに最高!ゴーヤのにんにく醤油漬け

ゴーヤの苦味好き人にオススメ。夏の晩酌にちょうど良いです。もちろん普段の晩御飯やお弁当にも使えるおかずです。調理時間は短いですが、30分くらい時間を置いた方が味が馴染んで美味しいです。醤油を多めに使ったゴーヤがあまり好きではないので、醤油は控えめにしています。

goya_zuke

冷蔵保存:7

材料(タッパー中1個分

ゴーヤ1本

にんにく1粒(メモ1

◎ごま油大1

◎醤油小1

◎塩ひとつまみ

ざっくり作り方

ゴーヤはワタを取り、5mm幅くらいの薄切りにします。にんにくは千切りにします。

鍋にお湯を沸かし、1を1~2分茹でます。(メモ2

ジップロックなどのプラ袋に◎の調味料を入れておきます。(メモ3

2をザルに上げて適度に水気を切り、3に入れて調味液をもみ込みます。

30分ほど寝かし、完成。

お料理メモ

メモ1:にんにくの大きさ

私はいつも青森産のにんにくを使っているので、にんにく1粒の大きさはわりとしっかりしています。
お使いのにんにくによって、量を調整して下さいね。

メモ2:ゴーヤを茹でる時

苦味が苦手な人は塩をゴーヤにもみ込んでから茹でて下さい。
苦味が大丈夫な人はそのまま茹でちゃって大丈夫です。
今回のような漬物っぽくするおかずの場合、ゴーヤは食感を残すようにさっと茹でるのがポイントです。

メモ3:袋を使って漬ける

袋を使う方が味が全体に染み渡りやすく調味液も少なくて済むので、袋を使って調味液を漬け込み、後から容器に移しています。

今回使った保存容器

野田琺瑯のレクタングル深型Sを使っています。
ちょっと容器に余裕があるくらいです。

スポンサーリンク