温めなおしておいしい。ほくほくカレーポテトサラダ

ふかしたじゃがいもにカレールウを絡ませたおかず。簡単にできて美味しいです。お弁当にもオススメですよ。

curry_potato

冷蔵保存:5

材料(タッパー中1個分

じゃがいも小粒10個

◎グレープシードオイル小1

◎顆粒コンソメ小1/2

◎カレーフレーク(メモ1大1

◯調味酢小1

ざっくり作り方

じゃがいもは食べやすい大きさに切り、よく洗っておきます。(メモ2

片手鍋に1を入れ、かぶるくらいの水を入れて火にかけます。

じゃがいもに火が通ったら水を捨て、水分を飛ばすように数秒火にかけてふかしていきます。(メモ3

火を止めて◎の調味料を入れて粉っぽさがなくなるまでよく混ぜ合わせ、最後に◯を回しかけて、完成。

お料理メモ

メモ1:カレーフレーク

私は普通のカレーを作るときも、おかずの調味料として使うときもカレーフレークを使っています。
固形のカレールウがある場合は、おろし金でルウを粉砕するか、包丁で千切りにすると同じように使えます。

メモ2:じゃがいもの大きさと下ごしらえ

新じゃがいもの直径2〜3cmのものを使っているので、普通サイズなら2〜3個の分量だと思います。
新じゃがいもなら皮をむかなくてもおいしいです。

メモ3:手順の詳細

じゃがいもが煮えたかどうかは竹串がすっと通るくらいと言われますが、私はいつも菜箸で確認しています。
調味料と和えてしまうので、ぶすっと穴を開けてしまっても隠れるので大丈夫です。

水を切るときは、鍋のフタを使いながら鍋を傾けて水を逃がして、大まかに取る感じで大丈夫です。
再び火にかける時は、水分を完全に飛ばし切らないようにして、カレーフレークを馴染ませられるくらいを目安にします。

今回使った保存容器

野田琺瑯のレクタングル深型Sを使っています。
レシピの分量でちょうどくらいでした。

スポンサーリンク