田舎味。きゅうりの赤味噌漬け

きゅうりを赤味噌に漬ける簡易漬物。簡単な材料でどこか懐かしい味がします。漬かる前に食べても、漬かってから食べてもどちらもいけます。

きゅうりの味噌ニンニク漬け

冷蔵保存:7

材料(タッパー中1個分

きゅうり4本

小1

◎赤味噌大2

◎にんにく1粒

◎しょうが1かけ

ざっくり作り方

きゅうりをまな板の上に並べ、塩をかけてすり込みます(板ずり)。板ずりしたきゅうりをキッチンペーパーに包み、20分ほど置いておきます。(メモ1

にんにく、しょうがは細切りにし、赤味噌と混ぜ合わせておきます。

1のきゅうりにお好みで縞模様を付けて(メモ2)、適当な長さに切ります。

3と2をポリ袋などに入れてもみ合わせ、完成。(メモ3

お料理メモ

メモ1:きゅうりの水気

時間がある場合、1の状態で一晩置いたものを使うと良いです。時間がない場合は、板ずりしたきゅうりをすぐに調味料と合わせても大丈夫です。
どちらにしても、1〜2日で水分が出て水っぽくなるので、気になる場合はその都度取り除いて下さい。
一晩置いたものを使うと水っぽさが軽減されます。

メモ2:縞模様のやり方

適当な長さに切る前に、きゅうりを縦に持ち、ピーラーで縦に3ライン皮を剥きます。
ピーラーは当てすぎず、1cm幅を目安に剥くと良いです。

メモ3:ポリ袋を使う

私の場合、ポリ袋で揉み込み、数分経ってから保存容器に移し替えています。
ポリ袋のままの方が味が染み渡りやすいですが、ポリ袋のまま冷蔵庫に入れておくと、取り出すのが面倒になってしまうので、作ったその日に移し替えちゃっています。

冷蔵保存4日めくらいできゅうりの中まで茶色になって、味が染みます。

保存容器

レシピの分量でiwakiの500ml容器で、はみ出る量です。はみ出る場合は量が減るまでラップをかけて保存しています。

スポンサーリンク