夏にオススメ。冷やしておいしいトマトのはちみつマリネ

プチトマトが安い季節に作る常備菜。栄養価の高いトマトをさっぱり食べられます。見ためがかわいいのでおもてなしの1品にするのもオススメ。はちみつと砂糖の分量はお好みで調整して下さいね。

tomato_marine

冷蔵保存:4

材料(保存容器1個分

プチトマト(赤)20個

プチトマト(黄)20個

◎穀物酢大3

◎オリーブオイル大1

◎砂糖大1

◎はちみつ大1/2

◎塩少々

ざっくり作り方

プチトマトはヘタを取り、皮の表面に切れ目が入るようにします(メモ1)。熱湯を沸かし、耐熱ボウルにプチトマトを入れておきます。

1のボウルに熱湯を注ぎ、30秒くらい待ち、お湯を捨てて水にさらします。(メモ2)皮が剥けてくるので、剥いていきます。

◎の調味料をよく混ぜあわせて、2と和えて完成。

漬けて一晩くらいで食べられます。

お料理メモ

メモ1:湯剥きの下ごしらえ

トマトの皮は加熱することで縮むため、皮のどこかに裂け目を作ってあげると剥きやすくなります。
爪楊枝で数箇所穴を開ける方法や、包丁で十字に切れ込みを入れる方法、ヘタが付いていた部分に、ヘタが付いていた直径よりも大きめの穴を開ける方法などがあります。
私は爪楊枝が家にないので、ヘタが付いていたところにお箸をさして少し大きめの穴を開けてから熱湯にくぐらせています。

メモ2:水は勢い良く

水にさらす時は、水を勢い良く入れるとそれだけで皮が剥けるトマトもあります。
剥けないトマトもあるので、触ってみてすぐに剥けないようなら、切り込みが甘かったか、加熱が足りなかった可能性があります。

メモ3:作り置きの注意

冷蔵庫に入れておくと、オイルが固まる場合がありますが、食べる前にマリネ液をかき混ぜると自然に溶けます。

今回使った保存容器

marinated_tomato

iwakiの800ml容器を使っています。
マリネなど冷やして食べるものにピッタリです。

スポンサーリンク