きぬさやとたまねぎのマヨおかか炒め

シンプルですが、彩りもよくお箸もすすむ副菜です。赤色に赤ピーマンを使っていますが、ない場合はパプリカでも。

onion_okaka_mayo

冷蔵保存:5

材料(保存容器中1個分

きぬさや(メモ16枚くらい

たまねぎ1/2個

赤ピーマン2個

◎マヨネーズ大2

◎醤油大1/2

◎おかか小分け1パック

ざっくり作り方

きぬさやはスジを取り、たまねぎは薄切りに、赤ピーマンは種を取り、細切りにしておきます。

フライパンに油を熱し、中火でたまねぎが透明になるくらいまで炒めたら、赤ピーマン、きぬさやを入れて炒め合わせます。

フライパンの空いているところに、マヨネーズを入れて溶かすようにしてフライパンになじませたら(メモ2)、炒め合わせて醤油も加えて炒めます。

火を止めて、おかかを入れて混ぜ合わせたら完成。

お料理メモ

メモ1:きぬさやの保存

ごく少量を使いたいきぬさやは、買ってきたら一度に下ごしらえをして冷凍保存をしておくと便利です。

熱湯で1分ほど茹でたらザルにあげ、キッチンペーパーで水気を拭き取りバッドに並べて冷凍保存します。
固まったらジップロックなどのフリーザーバッグに入れて保存します。
sayaendou
バッドは野田琺瑯のホワイトシリーズ 18取を使っています。バッドを使って広げて冷凍することできぬさやがくっつかずにきれいに冷凍できます。

メモ2:マヨネーズはなじませてから

マヨネーズはフライパンで溶かすようにしてから野菜と炒め合わせると均等に味がまわります。
入れるときはフライパンが高温になりすぎないように火を調整して下さい。

今回使った保存容器

このレシピでは野田琺瑯のレクタングル深型Sを使っています。
副菜にちょうどいいサイズです。

スポンサーリンク