ご飯がすすむ簡単メインおかず。豚こまカリカリ焼き

カリカリに焼いた豚肉の食感が美味しい、調味料は醤油と酒だけの簡単作り置きレシピです。じっくりと油を落として焼くのがポイント。ガツガツ食べたくなるおかずです。
食べるときにマヨネーズをつけるのもオススメ。しっかり濃いめの味付けがお好みなら醤油の分量は大1.5でもいいです。

豚こまカリカリ焼きの常備菜・作り置きレシピ

冷蔵保存:5

材料(保存容器大1個分

豚小間肉約350g

しょうが2~3かけ

◎醤油大1

◎酒大1

いりごま適量

小麦粉適量

ざっくり作り方

豚肉はフォークなどで数カ所穴を開け、食べやすい大きさに切り、表面に小麦粉を薄くつけておきます。(メモ1

フライパンに油を薄くひき、1を出来る限り広げて並べたら、弱めの中火で焼きます。

片面が焼けたら裏返し、もう片面も焼きます。(メモ2

3の余分な油をキッチンペーパー等で拭き取り、すりおろしたしょうが(メモ3)、◎の調味料を加え、絡めるように炒めます。最後にいりごまも加えて、完成。

お料理メモ

メモ1:小麦粉は適当に

豚小間肉の表面にまんべんなく小麦粉を付けるのは時間がかかるので、バットにお肉を広げ、その上から小麦粉を大まかに付けるだけで大丈夫です。

メモ2:動かさずにじっくり焼く

カリカリにするにはフライパンに広げた肉を、動かさずにじっくり焼くのがポイントです。
裏返してからもあまり動かさずにカリッとなるまで焼きます。

メモ3:しょうがのすりおろし

私はすりおろし器は使わず、ガーリックプレスに生姜を入れ、フライパンの真上でプレスしています。時短にもなるし、指先に生姜の匂いも付かないので重宝しています。

メモ4:オススメの食べ方

千切り野菜にマヨネーズをかけて一緒に食べると、野菜をモリモリ食べられます。
温めなおして食べる時は、レンジで加熱するとベチャっとなってしまうので、オーブンやトースター等で再加熱する方法をオススメします。余分な油が落ちて、カラッとした食感になります。

メモ5:今回使った保存容器

野田琺瑯

商品名:野田琺瑯 レクタングル浅型S ホワイトシリーズ

容量:800ml