きゅうりともやしのツナゴマ和え

きゅうりと、もやしのシャキシャキ食感が美味しいおかず。もやし1袋を使い切りたい場合は、きゅうりを2本に減らしてください。

tuna_moyashi_kyuuri

冷蔵保存:3

材料(保存容器大1個分

きゅうり3本

もやし1/2袋

ツナ缶(オイルタイプ)1缶

◎調味酢大2

◎砂糖大1

◎醤油大1

◎すりごま大1

ざっくり作り方

きゅうりは板ずりをしキッチンペーパーでつつみ水分を取っておきます。(メモ1

片手鍋にお湯を沸かし、もやしを入れてフタをして6分茹でます。(メモ2)1のきゅうりは細切りにしておきます。

もやしが茹で上がったらおか上げにし水分をしっかりと切っておきます。

ボウルにツナ缶(オイルごと)、◎の調味料を加えてよく混ぜあわせ、きゅうり、もやしを和えて、完成。

お料理メモ

メモ1:きゅうりは水分をしっかり取る

きゅうり1本に対し、塩ひとつまみ(親指・人差し指・中指でつまむ)を振り、もみ込みます。
時間がある場合は前日に板ずりをしたものを使うとより水分が抜けています。
それでも細切りにすると水分が出てくるので、切ったらザルに上げておくと良いです。

メモ2:もやしは臭みを取る

もやしはフタをして6分程度茹でると独特の臭みが消えます。

メモ3:保存時の注意

きゅうりを使った和え物は時間が経つと水分が出てくるので、冷蔵1、2日で水分を取り除いた方が長持ちします。
私はいつも保存容器を少し傾けて余分な水分をシンクに流しています。
水分を取っても味はしっかりと染みこんでいます。

今回使った保存容器

野田琺瑯のレクタングル深型Sを使っています。

スポンサーリンク