アレンジ自在。茹で鶏だんご

たくさん作って冷凍保存もできる常備菜。アレンジがしやすいので何パターンも楽しめます。アレンジ方法はアレンジメモで紹介しています。

yude_tori_dango

冷蔵保存:5

材料(保存容器中1個分

鶏ももひき肉280g

長ねぎ1/2本

しょうが1かけ

◎醤油小1.5

◎中華スープのもと小1

◎片栗粉小2

ざっくり作り方

長ねぎはみじん切りにします。

ボウルに、鶏ひき肉、長ねぎ、すりおろしたしょうが(メモ1)、◎を入れてよく混ぜ合わせます(メモ2)。

鍋に湯(3〜4カップ分)を沸かし、直径約3cmに丸く成形した肉だね(メモ3)を静かに落とします。肉だねを入れていくと温度が下がるので、火は強めのままにします。

全て入れ終えて表面の色が変わったら火をとめて、フタをして粗熱が取れるまでおき(メモ4)、完成。

お料理メモ

メモ1:しょうがのすりおろし

しょうがのすりおろしは、ボウルの上でガーリックプレスを使って入れています。
少量のすりおろしに便利です。

メモ2:肉だねの混ぜ合わせ

肉だねは粘りが出るまで手でこねた方がいいのですが、私はいつもフォークで混ぜ合わせてしまっています。
中華スープのもとが混ぜ合わせにくい場合は、少量の湯で溶かしたものを使ってください。
成形する前に冷蔵庫で冷やしたものを使うと固くなって成形しやすくなります。

メモ3:肉だねの成形

手で絞りながら鍋に入れていく方法もありますが、私は丸く成形する場合はいつもアイスクリームディッシャーを使っています。
湯を沸かしている間にバットに成形したものを並べておき、入れる直前に丸く成形し直しながら入れるときれいな形に出来上がります。

メモ4:余熱で火を通す

余熱で火を通すことで、火の通し過ぎがなくなり、再加熱で調理した時もしっとり食感になります。
鍋はだを手で触れるくらいになったら、汁ごと保存容器に移し替えます。

アレンジメモ

アレンジ1:和風鶏だんご春雨スープ

常備菜の温野菜も使用して、鍋だけでできる簡単な和風スープです。

toridanngo_wafuu
和風鶏だんご春雨スープ

アレンジ2:鶏だんごもやしそば

とろみをつけたもやしあんを作って、食べ応えのある中華風アレンジです。

toridanngo_ramen
鶏だんごもやしそば

アレンジ3:エスニック風鶏だんご春雨スープ

ガーリックチップスがアクセントのさっぱりめのスープです。

nikudango_ethnic
エスニック風鶏だんご春雨スープ

アレンジ4:その他

上の3つでは汁物のアレンジを紹介しましたが、照り焼きダレで絡めるとお弁当にも入れやすいと思います。

今回使った保存容器

野田琺瑯のレクタングル深型Mを使っています。
汁っけがあるおかずにちょうど良いです。
茹で汁が入りきらない場合は、翌日までにスープや雑炊などにして食べてしまっています。

スポンサーリンク