今が旬!温めなおしてもジューシー。トウモロコシの茹で方

茹でたてはもちろん、レンジで温め直しても実がプリプリで美味しい茹で方です。トウモロコシは買ってきたらすぐに茹でて保存するのも、美味しくいただくポイントです。

yude_toumorokoshi

冷蔵保存:3

材料(保存容器大1個分

トウモロコシ2本

かぶるくらい

小1

ざっくり作り方

トウモロコシは皮とヒゲを取り除きます。

鍋(メモ1)に1と、かぶるくらいの水と塩を入れてフタをし、火にかけて沸騰させます(メモ2)。

沸騰したら火を弱め、5分茹でます(メモ3)。

茹で上がったら、お鍋を手で触れるくらいまでそのまま冷まし、ザルにあげて水気を切ったら、完成。

お料理メモ

メモ1:鍋の大きさ

トウモロコシが入るくらいの直径の鍋で茹でます。私はジオの両手鍋22cmを使っています。トウモロコシ2本がギリギリ入りました。
このサイズの鍋は、魚を煮るにも多めの煮物をするのにもちょうど良く、使い勝手が良いです。

メモ2:茹で方はお好みで

一般的に、水から茹でるとジューシーに、お湯から茹でるとシャキっとした仕上がりになるそうです。
私はジューシーなものが好きなので、水から茹でています。

メモ3:茹でるポイント

品種や大きさによっても異なるので、5分以内を目安にお好みで調整してください。
トウモロコシを水に入れると浮いてしまうので、茹でている時に一度ひっくり返して茹でます。

メモ4:保存方法と温め直し

写真では食べやすい大きさに切り、水分が蒸発しないような容器に入れて保存しています。
もしくは1本ずつラップで包んで水分の蒸発を防ぎます。

温め直す時はラップを使ってレンジで加熱します。トウモロコシ1/2本を500wで1分30秒〜2分が目安です。

保存容器

このレシピでは野田琺瑯のレクタングル浅型Sを使っています。
高さがはみ出てしまうので、ラップをかけて保存します。

スポンサーリンク