短時間で作れる定番おかず。ブリの照り焼き

切り身で売られているブリは、骨が少なく調理しやすいです。定番の調味料を使い短時間でパパっと作れる料理です。

buri_teriyaki

冷蔵保存:5

材料(保存容器大1個分

ぶり2切(約270g)

◎みりん大2

◎砂糖大1

◎醤油大1

◎酒大1

小麦粉(メモ1適量

ざっくり作り方

ぶりは骨を抜き、適当な大きさに切って小麦粉を表面に薄く付けます。

フライパンに油を熱し、中火で両面焼きます(メモ2)。

混ぜ合わせた◎を2に入れて、ぶりに絡ませながら火にかけ、とろみが出たら、完成。

お料理メモ

メモ1:小麦粉

作り置きでは、片栗粉を使うことが多いですが、今回は薄く付けて表面にタレを絡ませるだけに使うので小麦粉を使用しています。

メモ2:身の厚さに合わせて

ぶりの切り身が厚い場合はフタをして2分程度蒸し焼きにします。

メモ3:異なる調理方法

買ってすぐに調理しない場合は、下ごしらえをしたブリを◎の調味液とポリ袋などに入れて漬けておき、食べる日に調理しても良いです。
フライパンで焼く時は身だけを取り出して両面焼き、最後に残ったタレをかけて煮詰めます。
小麦粉は面倒であれば付けなくても大丈夫です。

今回使った保存容器

このレシピでは野田琺瑯のレクタングル浅型Sを使っています。
レシピの分量でちょうど良いくらいでした。

noda_a_s

商品名:レクタングル浅型S ホワイトシリーズ

容量:800ml

レンジ×/オーブン◯/スタッキング△/密閉◯

スポンサーリンク