一週間の作り置き・常備菜レポート(2016/2/7)

2016年2月第1週めの作り置き。調理時間100分で7品。使った食材から作ったおかず、1週間作り置きレシピを紹介します。作り置きをしない方も1週間の献立としてご利用下さい。

先週は週の途中で副菜を数品作っていたので、メインのおかずを中心に副菜の品数を減らすように計画しました。
品数が少ない分、少し手間のかかるメインも取り入れています。

もくじ

1.今週の食材

野菜・乾物など

ピーマン1袋(小5個)

しめじ1袋(250gくらい)

●たまねぎ3/4個

●さつまいも小1本

●大葉適量

肉・魚・加工品など

鶏むね肉1枚(400gくらい)

豚ロース450gくらい

豚ひき肉300gくらい

たまご2個

カニ缶1缶

こんにゃく1枚(200g)

(●:家にあった食材)

めっちゃ買い足した野菜が少ないですね。メインのみ作る週はあまりないので、今回は買い物がすごく楽でした。

2.今週の作り置きおかず

20160207_batchcooking

副菜は3品、メインは4品作りました。リンクのないものは未掲載のレシピです。随時更新を予定しています!
ハンバーグ用に大葉を千切りにしすぎたので、残りを小さい保存容器に入れています。

3.今週のポイント

下ごしらえ

下ごしらえ:15分
土曜日に買い出しをし、日曜日に下ごしらえをしました。

手順 おかず 下ごしらえ
からあげ 数カ所穴を開け、砂糖・塩をもみ込む。一口大に切り調味液に漬ける
和風煮込みハンバーグ たねを作っておく
豚ロースの西京味噌漬け 数カ所穴を開け、調味液に漬ける

豚ロース味噌漬けは、食べるときに調理をするので、下ごしらえのみで終わりです。
からあげは味を馴染ませるため、和風煮込みハンバーグは成形しやすくするために、調理前に下ごしらえをしておきタイムラグをもうけます。

調理

調理時間:85分
続けて調理です。

補足

コンロは2口使います。
調理器具について。
25cmのフライパン、片手鍋、オーブン、レンジを使います。
洗うマーク[]について。
洗剤を使ってしっかり洗う時にチェックを入れています。
水洗いで流すだけの場合はチェックを入れていません。茹でる行程の間は毎回お湯を捨てています。

副菜3品の作った順番

手順 フライパン 片手鍋
こんにゃく(茹で)
こんにゃくのガーリックおかか炒め
さつまいものおかか煮
洗う
ピーマンとたまごの炒めもの

副菜のポイント

片手鍋を使う行程が2つあるので、先にこんにゃくを茹でたら後はさつまいもを煮ます。
フライパンを使って調理するおかずはどちらから先に調理しても構いません。

メイン3品の作った順番

補足

調理器具について。
25cmのフライパン、オーブン、片手鍋を使います。

手順 フライパン オーブン
カニクリームスコップコロッケ(たね)
カニクリームスコップコロッケ
洗う
からあげ
和風煮込みハンバーグ

メインのポイント

カニクリームスコップコロッケのたね作りを始めにやってから、オーブンで加熱している間に他のメインおかずの調理をします。
からあげはフライパンを汚しにくいので、先に調理してしまいます。

今週の食費

今週作り置き用にスーパーで買い出しした金額は、2,000円くらいでした。さすがにほぼ肉類だけの買い出しだったのでいつもより安いです。

ちょっとひとりごと

アレンジご飯:肉味噌レタスチャーハン

nikumiso_fried_rice
肉味噌を作っていたので、チャーハンにアレンジして日曜日のお昼ご飯にしました。
ほんとはもっとレタスをたっぷり入れるはずが、冷蔵庫にちょこっとしかなかったので、少しになってしまいました。
肉味噌にうまみ調味料とブラックペッパー少々のみをプラスしただけで簡単です。
簡単ですが、レシピを記載しました!(肉味噌レタスチャーハン:2016/2/10更新)

20150719_lunch冷凍してもおいしい。休日ごはんにもオススメの肉味噌

よくあるご質問ページ

FacebookやInstagramなどで頂いた質問をまとめています。作り置きに関する疑問の参考にしてみて下さいね。

FAQ
FAQ – 作り置きおかず・常備菜のレシピに関するご質問

今後ともよろしくお願いします!

スポンサーリンク