一週間の作り置き・常備菜レポート(2016/2/21)

2016年2月第3週めの作り置き。調理時間110分で8品。使った食材から作ったおかず、1週間作り置きレシピを紹介します。作り置きをしない方も1週間の献立としてご利用下さい。

土曜日は天候が良くなかったので、金曜日に買い出しを済ませようと、私1人で持って帰れるだけの食材でおかずを組みました。
今週も品数が少ない分、手間がかかる炒めるおかずを多めにしたら、結構てこずってしまいました。

もくじ

1.今週の食材

野菜・乾物など

白菜1/4株

ほうれん草1袋

セロリ2本

トマト中3個

ヤングコーン5本

新ごぼう2本

新じゃがいも11個

たまねぎ1個

にんにくの芽1袋

●キャベツ1/4玉

肉・魚・加工品など

鶏もも肉350gくらい

豚ロース400gくらい

豚ひき肉300gくらい

たまご3個

ツナ缶1缶

(●:家にあった食材)

先週キャベツ1/2玉を買っていて、1/4玉残っていたので今週使いきるようにしました。白菜はだいたいいつも使い切れる分量の1/4株を買うようにしています。

2.今週の作り置きおかず

20160221_batchcooking

副菜は5品、メインは3品作りました。リンクのないものは未掲載のレシピです。

3.今週のポイント

下ごしらえ

下ごしらえ:20分
日曜日に下ごしらえをしました。

手順 おかず 下ごしらえ
ごぼうのからあげ 適当な大きさに切り、調味液に漬ける
キャベツハンバーグ キャベツを千切りにし、塩もみしておく
鶏もも肉とにんにくの芽の炒め物 鶏肉を適当な大きさに切り、調味液に漬ける
酢豚風炒め 豚ロース肉を適当な大きさに切り、調味液に漬ける

キャベツは塩揉みをして水分をぬく時間が多くほしいので、初めに下ごしらえをしておきます。
野菜の下ごしらえがある場合は、まな板を汚さないので先にやり、後から肉類の下ごしらえをします。

調理

調理時間:90分
続けて調理です。今週は白菜1/4株を煮込むため、珍しく大きめの鍋を使います。

補足

コンロは2口使います。
調理器具について。
25cmのフライパン、片手鍋、大鍋を使います。
洗うマーク[]について。
洗剤を使ってしっかり洗う時にチェックを入れています。
水洗いで流すだけの場合はチェックを入れていません。茹でる行程の間は毎回お湯を捨てています。

副菜5品の作った順番

手順 フライパン 片手鍋 大鍋
たまご(茹で)
ほうれん草(茹で)
白菜うま煮
新じゃが甘辛ダレ
洗う
なすとセロリ(炒め揚げ)
カポナータ
ごぼうのからあげ
ほうれん草とたまごのサラダ

副菜のポイント

今週はほうれん草の量がいつもより多めだったので、大鍋で茹でることにしました。白菜は煮るのに時間がかかるので、先にほうれん草をさっと茹でてから白菜の調理を始めました。
フライパンを使う副菜は3つあり、揚げる行程があるおかずが2品、メインのおかずにも揚げる行程があるおかずが1品あるので、先に甘辛ダレを絡める必要があるじゃがいもから調理し、フライパンを汚さない2品を後から調理しました。
ごぼうのからあげを揚げたあとは、そのままのフライパンで豚を揚げ焼きにしています。

メイン3品の作った順番

今週はフライパンのみ3品なので少し時間がかかります。

補足

調理器具について。
25cmのフライパンを使います。

手順 フライパン
酢豚風炒め
洗う
鶏もも肉とにんにくの芽の炒め物
洗う
キャベツハンバーグ

メインのポイント

副菜からの流れで酢豚風の炒めものを作ったあとは、どちらから作ってもフライパンを洗う必要があるので、準備ができている方から調理します。

今週の食費

今週スーパーで買い出しした金額は、5,000円くらいでした。

ちょっとひとりごと

PCサイトリニューアル

先日スマホサイトのリニューアルを行い、現在PC版のリニューアル準備を着々と進めております。
サイトを表示する設計/製造(デザイン/マークアップ)は本職ではないので試行錯誤しながら作っています。
今週にはリニューアルを実施しますので、よろしくお願いします。

よくあるご質問ページ

FacebookやInstagramなどで頂いた質問をまとめています。作り置きに関する疑問の参考にしてみて下さいね。

FAQ
FAQ – 作り置きおかず・常備菜のレシピに関するご質問

今後ともよろしくお願いします!

スポンサーリンク