30分で6品。簡単作り置きレポート(2016/5/27)

里帰り出産を終えて、神奈川県に帰ってきました。今までは一週間の作り置きとして、レポート形式でお届けしていましたが、これからは、すき間時間で行った作り置きを、記事にできればいいなと思っています。短時間での作り置きはまだまだ不慣れですが、役立つような情報にしていきたいです。

冷蔵庫をチェックすると冷凍庫に頂き物のソーセージが数種類あったので、肉類は後日買うことにして、野菜を買いにスーパーに行きました。今回は何を作るか考える時間がなかったので、簡単に酢漬けにしておける野菜をメインに買い出しをしました。

もくじ

1.食材

野菜・乾物など

水菜1袋

きゅうり3本

パプリカ(赤)1個

ラディッシュ4株

にんじん1本

●切り干し大根1/2袋

肉・魚・加工品など

あぶら揚げ1枚

●ツナ缶1缶

(●:家にあった食材)

里帰りする前に半量使っていた切り干し大根が茶色くなってきていたので、使うことにしました。ラディッシュは地場野菜コーナーで美味しそうだったので、久しぶりに買ってみました。
この他に中玉トマトが6個で298円とお買い得だったので購入しました。トマトは毎日サラダにして食べても飽きないので、買っておくと安心な野菜です。

2.作り置きおかず

20150527_batchcooking

副菜

にんじんツナ和え

ピクルス

水菜の塩もみ

ラディッシュの酢漬け

切り干し大根の煮物

きゅうりの塩もみ

短時間で簡単な副菜を6品作りました。リンクのないものは未掲載のレシピです。随時更新を予定しています。酢漬けと塩もみばかりです。
野菜の塩もみは、実家で母がよくやっていて、色んな料理にアレンジして便利そうだったので私もやってみることにしました。
水菜の塩もみは、サラダやジャージャー麺のような料理にも使えます。きゅうりの塩もみも、サラダやカニカマ等と和えて酢の物にして食べます。

3.手順とポイント

調理時間:30分
買い出しから帰ってきて、すぐにできるだけ調理しました。

副菜6品の作った順番

手順 火を使わない 片手鍋
切り干し大根(水で戻す)
ピクルス
切り干し大根の煮物
きゅうりの塩もみ
にんじんの塩もみ(ツナ和え用)
水菜の塩もみ
ラディッシュの酢漬け
にんじんツナ和え

ポイント

洗い物を少なくするために、片手鍋を使って切り干し大根を戻しながら、ピクルスに使う野菜や切り干し大根に使うにんじんを切りました。
野菜を切ったあとは酢漬けにしたり塩もみし、最後に、にんじんは1缶だけ残っていたツナ缶と和えました。

ちょっとひとりごと

久しぶりの料理

里帰り中の2ヶ月半はほぼ料理をしなかったので、とても久しぶりにキッチンに立ちました。
知人から、育児中は泣いたら終了のゲーム感覚と聞いていたのですが、まさにそうですね。30分から1時間くらいで効率良くやっていけるように頑張っていきたいと思います!

よくあるご質問ページ

FacebookやInstagramなどで頂いた質問をまとめています。作り置きに関する疑問の参考にしてみて下さいね。

FAQ
FAQ – 作り置きおかず・常備菜のレシピに関するご質問

今後ともよろしくお願いします。

スポンサーリンク