時短でまとめて作り置き・常備菜レポート(2016/8/21)

2016年8月第3週めの作り置き。調理時間50分で6品。使った食材から作ったおかず、作り置きレシピを紹介します。

週末作り置きのコツをすべて見る

作り置きのコツなどはこちらをご覧ください

前回の作り置き(2016/8/7)は食べきってしまい、お盆の前後で来客があったり、外出をしていたりしたので、ここ最近は来客用に作ったおかずの残りや簡単なサラダで食事を済ませていました。
お盆ボケもあり、今回は短めの時間で、家にある食材を利用した作り置きです。

もくじ

1.今回の食材

野菜・乾物など

かぼちゃ1/2個

たまねぎ1/2個

じゃがいも1個

●茄子2本

●ピーマン3個

肉・魚・加工品など

鶏もも肉約300g

豚ひき肉約300g

●ベーコン1パック(ハーフ4枚)

●たまご4個

(●:家にあった食材)

茄子とピーマン、ベーコンは使ってしまいたかったので、適当におかずを作ることにしました。

2.今回の作り置きおかず

20160815_batchcooking

副菜

ピーマンとベーコンの炒めもの

いりたまご

かぼちゃの塩マーガリン

たまねぎスライス

メイン

肉巻きポテトオーブン焼き

茄子入りピリ辛そぼろ

副菜は4品、メインは2品作りました。リンクのないものは未掲載のレシピです。随時更新を予定しています。
いりたまごはそぼろと一緒に食べたり、サラダにのせて食べる予定です。たまねぎスライスもサラダに入れたり、おかか醤油で食べる予定です。

3.今週のポイント

調理

調理時間:50分

副菜4品の作った順番

補足

コンロは2口使います。
調理器具について。
26cmのフライパン、大鍋を使います。
洗うマーク[]について。
洗剤を使ってしっかり洗う時にチェックを入れています。
水洗いで流すだけの場合はチェックを入れていません。茹でる行程の間は毎回お湯を捨てています。

手順 火を使わない フライパン 大鍋
じゃがいも(レンジ加熱/メインおかず用)
かぼちゃの塩マーガリン
たまねぎスライス
ベーコンとピーマンの炒めもの
いりたまご

副菜のポイント

副菜調理の前に肉巻きポテト用の肉だねを作って冷蔵庫で冷やしています。同じおかずに使うじゃがいもは先にレンジで加熱して冷ましておきました。
煮るおかずは1つなので、先に準備をして煮始めて、煮ている間に炒め物の野菜の準備などをします。

メイン2品の作った順番

フライパン、オーブンを使います。

補足

調理器具について。
26cmのフライパン、オーブンを使います。

手順 フライパン オーブン
肉巻きポテトオーブン焼き
茄子入りピリ辛そぼろ

メインのポイント

オーブン料理をセットしてから炒め物を調理します。今回副菜に使ったフライパンは汚れがひどくないので、キッチンペーパーで軽くふき取ってから調理しました。

今回の食費

今週作り置き用に買い出しした金額は、1,200円くらいでした。1,200円の中にはフルーツや嗜好品などは含みません。

ちょっとひとりごと

おもてなし料理

来客でご飯を作る時に何を作るか悩むのですが、私の場合は余っても保存ができるひき肉料理を作ることが多いです。
タコミートや、ドライカレーはたくさん作っておくと便利でした。

taco_rice
意外と簡単カフェごはん。タコライス

dry_curry
たっぷり野菜のドライカレー

その他に、普段の料理ではあまりしない、えびのペーストをのせたトーストやミートパイを作りました。少し余裕がある時に普段とは違うものを作ると楽しいです。
ebi_toast
meat_pie

よくあるご質問ページ

FacebookやInstagramなどで頂いた質問をまとめています。作り置きに関する疑問の参考にしてみて下さいね。

FAQ
FAQ – 作り置きおかず・常備菜のレシピに関するご質問

レシピ本発売中

全国書店で『もっとつくおき(美人時間ブック)』が発売されています。よろしければ見てみてくださいね。(Amazon商品ページに遷移します)

今後ともよろしくお願いします。

スポンサーリンク