週末まとめて作り置き・常備菜レポート(2017/5/6)

2017年5月第1週の作り置き・常備菜レポートです。調理時間70分で8品まとめて作り置き。使った食材とおおよその食費、実際に作ったおかずまで、1週間(平日5日)分の作り置きをレシピとともにご紹介します。
作り置きをしない方も1週間の献立としてご参考ください。

週末まとめて作り置きのコツを見る

作るおかずの決め方から効率的な作り方まで、作り置きのコツはこちらをご覧ください

ここ最近は昔に比べて「週末まとめて作り置き」の品数は少なめに抑え、その代わり、平日に時短おかずを作り足して、作り置きおかずと一緒に食べることが多くなってきました。

もくじ

1.今回の食材

野菜・乾物など

キャベツ1/4個

ブロッコリー1株

きゅうり2本

パプリカ(赤)大1/2個

パプリカ(黄)大1/2個

ごぼう細1本

にんじん2本

●小ねぎ適量

●しょうが1かけ

●にんにく1かけ

●ゆずの皮適量

肉・魚・加工品など

鶏もも肉1枚

鶏むね肉1枚

豚ひき肉400g

たらこ1/2腹

●ツナ缶1缶

(●:家にあった食材)

2.今回の作り置きおかず

週末まとめて作り置き・常備菜(20170506)

副菜

キャベツの浅漬け

ごぼうのたらこ和え

茹でブロッコリー

パプリカのガーリックマリネ

ツナとにんじんのゴマだれ

メイン

タコミート

ポン酢てりやき

蒸し鶏きゅうり

副菜を5品、メイン3品、合計8品作りました。
簡単に作りたかったので、手間のかからない副菜を選びました。ここ最近は、気温が高い日が続いたのもあり、さっぱり食べられる酢を使ったおかずが自然と多くなりました。

リンクのないものは未掲載のレシピです。随時更新を予定しています。

3.今回のポイント

調理

調理時間:70分

おかず8品の作った順番

補足

コンロは2口使います。
調理器具について。
26cmのフライパン、片手鍋、両手鍋を使います。
洗うマーク[]について。
洗剤を使ってしっかり洗う時にチェックを入れています。
水洗いで流すだけの場合はチェックを入れていません。茹でる行程のあいだは毎回お湯を捨てています。

手順 火を使わない フライパン 片手鍋/両手鍋
鶏むね肉(両手鍋/ゆで)
茹でブロッコリー(片手鍋)
ごぼう(片手鍋/ゆで)
キャベツの浅漬け(レンジ)
ポン酢てりやき
ツナとにんじんのゴマだれ(レンジ)
パプリカのガーリックマリネ(レンジ)
ごぼうのたらこ和え
洗う
タコミート
蒸し鶏きゅうり

ポイント

今回は食材の買い出し日と調理する日が同じだったため、下ごしらえは調理のはじめにしました。
普段は調理の前日に下ごしらえをすることが多いです。

鍋で湯を沸かしているあいだに鶏むね肉の下ごしらえをし、沸いたら鶏むね肉を加熱します。鶏もも肉は室温に戻してから調理したいので、冷蔵庫から出したら鶏むね肉と同じタイミングで下ごしらえをします。

電子レンジ調理は、加熱の準備ができたものから取りかかります。
電子レンジ調理の合間にポン酢てりやきを作り、あら熱が取れたら鶏肉を切り分けて保存容器に移し、フライパンを一度洗ってから、次のフライパン調理に使います。

鶏もも肉のソテーを作り置きする場合は、肉汁が流れ出ないように、食べるときに切り分けてもいいです。
熱があるときに切り分けると、中から肉汁が流れ出ます。

蒸し鶏きゅうりは60分かけてじっくりと火を通したら、最後に調味液と和えます。

今回の食費

先週の作り置き用に買い出しした食材の金額は、2,500円くらいでした。金額の中にフルーツや嗜好品などは含んでいません。

先週公開したレシピ

チキンソテー・トマトソースのレシピ写真パリパリジューシー。チキンソテー・トマトソース
皮はパリパリで中はジューシーなチキンソテーのレシピ。ポイントをおさえれば簡単においしく作れます。

オムライスのレシピ写真誰でもおいしく作れます。オムライス
うまみたっぷりのトマトソースを使えば、オムライスも簡単に本格的な仕上がりになります。

よくあるご質問ページ

FacebookやInstagramなどで頂いた質問をまとめています。作り置きに関する疑問の参考にしてみてくださいね。

FAQ
FAQ – 作り置きおかず・常備菜のレシピに関するご質問

レシピ本発売中

全国書店でつくおきのレシピ本が発売されています。よろしければご覧ください。

レシピ本つくおき週末まとめて作り置き

《第3回 料理レシピ本大賞》大賞受賞

レシピ本もっとつくおき

シリーズ第2弾!より充実した内容です。