週末まとめて作り置き・常備菜レポート(2017/9/30)

2017年9月第5週の作り置き・常備菜レポートです。調理時間90分で8品まとめて作り置き。使った食材とおおよその食費、実際に作ったおかずまで、1週間(平日4~5日)分の作り置きをレシピとともにご紹介します。
作り置きをしない方にとっても、献立の参考になれば幸いです。

週末まとめて作り置きのコツを見る

作るおかずの決め方から効率的な作り方まで、作り置きのコツはこちらをご覧ください

最近は昔に比べて「週末まとめて作り置き」の品数は少なめにして、そのかわりに平日に時短おかずを作り足ししています。

レシピサイト『スグめし』

作り足しおかずに最適な時短簡単レシピを掲載。合わせてぜひご利用ください。

もくじ

1.今回の食材

野菜・乾物など

ほうれん草1袋

ピーマン1袋

キャベツ1/4玉

ミニトマト6個

たまねぎ1/2個

ごぼう1/2本

しめじ1袋

●冷凍えだまめ20さや

肉・魚・加工品など

鶏むね肉400g

鶏もも肉400g

カニカマ1パック(120g)

●卵4個

板こんにゃく1枚(250g)

(●:家にあった食材)

2.今回の作り置きおかず

週末まとめて作り置き・常備菜(20170930)

副菜

カニカマ入りオープンオムレツ

ピーマンの焼きびたし

ごぼうのペペロンチーノ風

キャベツのナムル

しめじとベーコンのトマト煮

ほうれん草のおかか和え

メイン

甘辛鶏むねから揚げ

炒り鶏こんにゃく

副菜を6品、メイン2品、合計8品作りました。
リンクのないものは未掲載のレシピです。随時更新を予定しています。

3.今回のポイント

調理

調理時間:90分

おかず8品の作った順番

補足

コンロは2くち使います。
調理器具について。
フライパン、片手鍋、オーブン、電子レンジを使います。
洗うマーク[]について。
洗剤を使ってしっかり洗う時にチェックを入れています。
水洗いで流すだけの場合はチェックを入れていません。ゆでるときは毎回新しいお湯を沸かしています。

手順 火を使わない フライパン/オーブン 片手鍋
カニカマ入りオープンオムレツ(オーブン)
ほうれん草(ゆで)
こんにゃく(ゆで)
キャベツ(電子レンジ加熱)
しめじとベーコンのトマト煮
ピーマンの焼きびたし
ごぼうのペペロンチーノ風
キャベツのナムル(和え)
洗う
甘辛鶏むねから揚げ
炒り鶏こんにゃく
ほうれん草のおかか和え(和え)

ポイント

まずはじめに「カニカマ入りオープンオムレツ」の調理をします。焼いたらあとはほったらかしにして冷まします。じゅうぶんあら熱がとれたら切り分けます。
オーブンで焼きはじめたら、つぎに片手鍋を使ってゆでものに取りかかります。

ゆでものがおわったら、コンロを2くち同時に使って、片方は片手鍋で「しめじとベーコンのトマト煮」の調理をし、もう片方はフライパンで「ピーマンの焼きびたし」と「ごぼうのペペロンチーノ風」の調理をします。

「キャベツのナムル」は、フライパン調理がおわったタイミングで仕上げます。フライパンの熱がとれたら一度洗い、メインおかずの調理をしていきます。

「まとめて作り置き」に慣れないうちは、最初にまとめて野菜を切ったり、合わせ調味料を準備しておくと、比較的余裕を持って調理ができます。

今回の食費

作り置き用に買い出しした食材の金額は、2,500円くらいでした。金額の中にフルーツや嗜好品などは含んでいません。

先週公開したレシピ

じゃがいも入りハムチーズオムレツ
見た目も美味しいオープンオムレツ。親しみのある食材と味で、大人も子どもも食べやすいおかずです。

豚肉と野菜の中華風炒め
野菜たっぷりな炒め物。レシピに書いてある野菜に限らず、ピーマンやきのこ類を入れたりしても美味しいですよ。

鶏もも肉のみぞれ煮(スグめし)
大根おろしをたっぷり使っています。フライパンひとつで簡単に作れて、けっこう食べごたえもあります。

トマトのしらす大葉和え(スグめし)
簡単すぎる副菜。大葉といりごまの風味で箸がすすみます。さっぱりとしたものを食べたいときにぜひオススメ。

よくあるご質問ページ

いままでにいただいた質問をまとめています。作り置きに関する疑問の参考にどうぞ。

FAQ
FAQ – 作り置きおかず・常備菜のレシピに関するご質問

レシピ本発売中

全国書店でつくおきのレシピ本が発売されています。よろしければご覧ください。

最新刊!全国書店で販売中

レシピ本つくおき週末まとめて作り置き

《第3回 料理レシピ本大賞》大賞受賞

レシピ本もっとつくおき

シリーズ第2弾!より充実した内容です。