週末まとめて作り置き・常備菜レポート(2018/3/4)

2018年3月第1週の作り置き・常備菜レポートです。調理時間70分で8品まとめて作り置き。
食材、食費、そして調理手順まで、1週間(平日4~5日)分の作り置きおかずをレシピとともにご紹介します。

作り置きをしない方にとっても、献立の参考になれば幸いです。

週末まとめて作り置きのコツを見る

作るおかずの決め方から効率的な作り方まで、作り置きのコツはこちらをご覧ください。

最近は「週末まとめて作り置き」の品数は少なめにして、平日に時短おかずを作り足ししています。

レシピサイト『スグめし』

作り足しおかずに最適な時短簡単レシピを掲載。ぜひ、合わせてご利用ください。

もくじ

1.今回の作り置きおかず

副菜

ゆでブロッコリー

にんじんのツナごま和え

カボチャのグリル

鶏とひじきの炒め煮

大根ちくわ白滝の煮物

金ゴマきゅうり

メイン

れんこんの肉づめチーズ焼き

鶏の塩こうじから揚げ

副菜6品、メイン2品、合計8品作りました。
リンクのないものは未掲載のレシピです。随時更新を予定しています。

最近は、子ども(1歳10カ月)が好んで食べてくれるおかずを数品ほど、かならずメニューに入れています。「金ゴマきゅうり」「れんこんの肉づめチーズ焼き」以外は子どもも一緒に食べます。
子どもの好みはコロコロ変わりますが、ちかごろは大根やブロッコリーが特に好きみたいです。

2.今回の食材

野菜・乾物など

ブロッコリー1株

きゅうり3本

かぼちゃ1/4個

れんこん2節

大根1/2本

●にんじん1と1/2本

●乾燥ひじき15g

肉・魚・加工品など

鶏むね肉400g

鶏ももひき肉300g

ちくわ3本

ツナ缶1缶

作り置き用に買い出しした食材の合計金額は2,000円くらいでした。金額のなかには、お米やフルーツ、嗜好品費などは含まれていません。

3.今回の手順やポイント

下ごしらえ

調理時間:10分

おかず 下ごしらえ
鶏の塩こうじから揚げ 調味料に漬ける
れんこん肉づめチーズ焼き 肉だねを作る

肉の下ごしらえを前日の夜にしました。肉だね作りは前日にやる必要はないのですが、ついでにやっておきました。

おかず8品の作った順番

調理時間:60分

補足

コンロは2くち使います。
調理器具について。
フライパン、片手鍋、両手鍋、電子レンジ、オーブンを使います。
洗うマーク[]について。
洗剤を使ってしっかり洗うときにチェックを入れています。
水洗いで流すだけの場合はチェックを入れていません。ゆでるときは毎回新しい湯を沸かしています。

手順 火を使わない フライパン/オーブン 片手鍋/両手鍋
オーブンの予熱
ゆでブロッコリー(片手鍋)
カボチャのグリル(オーブン)
大根(電子レンジ)
ひじき(水で戻す)
きゅうり(板ずり)
大根ちくわ白滝の煮物(両手鍋)
れんこん(酢水にさらす)
れんこんの肉づめチーズ焼き(オーブン)
鶏の塩こうじから揚げ
鶏とひじきの炒め煮
にんじん(電子レンジ)
にんじんのツナごま和え
金ゴマきゅうり

ポイント

  • オーブンを予熱しているあいだにブロッコリーをゆでたり、かぼちゃを切って焼く準備をしたりしています。
  • 大根を電子レンジで6分加熱しているあいだに、ほかの野菜の下ごしらえをしています。
  • 今回はオーブン調理が2品あります。1品めのオーブン調理が終わったら、間髪入れずに2品めをオーブンで焼きます。こうすれば2品めの予熱を省略できます。
  • フライパンで作るおかずも2品ありますが、揚げ物から先に調理します。揚げ物はフライパンがそんなに汚れないので、油をふき取ったら、洗わずに次の調理に取りかかれます。
  • 最後の和え物はどちらを先にしてもよいです。
  • おおまかに言うと、オーブン→ゆでもの→煮物→炒め物→和え物の順番だと、私の場合は効率的に調理することができます。

なお、「まとめて作り置き」に慣れないあいだは、野菜を切る、調味料を混ぜる、などの下ごしらえを最初にまとめてやっておくと、そのあとあわてずに調理ができて、精神的にラクかなと思います。

4.今回の作り置き動画

実際に作り置きしている様子を撮影しました。1倍速のぶつ切りダイジェストになっています。よろしければご覧ください。

先週に公開した最新レシピ一覧

つくおき

スグめし

よくあるご質問ページ

いままでにいただいた質問をまとめています。作り置きに関する疑問の参考にどうぞ。

FAQ
FAQ – 作り置きおかず・常備菜のレシピに関するご質問

レシピ本発売中

全国書店でつくおきのレシピ本が発売されています。よろしければご覧ください。

最新刊!全国書店で販売中

レシピ本つくおき週末まとめて作り置き

《第3回 料理レシピ本大賞》大賞受賞

レシピ本もっとつくおき

シリーズ第2弾!より充実した内容です。