90分で8品。週末作り置き・常備菜レポート(2018/6/10)

2018年6月第2週の作り置き・常備菜レポートです。調理時間90分でおかず8品をまとめて作り置き。
食材、食費、そして調理手順まで、1週間(平日4~5日)分の作り置きおかずをレシピとともにご紹介します。

今回は既存レシピの作り直しを中心に、主菜と副菜をバランスよく作りました。

週末まとめて作り置きのコツを見る

作るおかずの決め方から効率的な作り方まで、作り置きのコツはこちらをご覧ください。

最近は「週末まとめて作り置き」の品数は少なめにして、平日に時短おかずを作り足ししています。

レシピサイト『スグめし』

作り足しおかずに最適な時短簡単レシピを掲載。ぜひ、合わせてご利用ください。

もくじ

1.今回の作り置きおかず

副菜

かぼちゃとツナの煮物

ポテトマッシュキッシュ(★)

ゆでほうれん草

赤ピーマンとちくわのごま和え

しらたきの炒り煮

メイン

レンジ煮豚

手羽元のオーブン焼き(★)

和風照り焼きハンバーグ(★)

副菜5品、メイン3品の計8品を作りました。
リンクのないものは未掲載のレシピです。随時更新を予定しています。「ポテトマッシュキッシュ」は作りおかないレシピとしてサイトに掲載していますが、作り置きでも大丈夫そうなので作ってみました。最近わりと人気のあるレシピです。キッシュ生地を作るので少し手間はかかりますが、出来上がったときはテンションも上がります。

レンジ煮豚は今回ちょっと失敗しました。また作り直します。

★は手順写真を追加するなど、よりわかりやすい内容にして近日中に更新したいと思っています。

作り足しおかず

先週作り足ししたおかずを一部ご紹介します。
蒸し暑い日が続いたので、そういう日でも食べたくなる辛いおかずとさっぱりしたおかずを作りました。

ここ最近、おかずや野菜を冷凍保存することが増えたので、先日から冷凍庫用の整理トレーを試しに使っています。

今は、大きいトレーと小さいトレーをそれぞれふたつずつ使っています。下の画像のようにおおまかにエリアを分けて、冷凍おかずなどを入れています。

まだごちゃついている感じはありますが、ある程度でもエリア分けしておくと、見やすく取り出しやすいですね。
整理トレーを冷凍庫に入れるときは、あらかじめどのようなレイアウトにするかを頭で考えておき、素早くやることをオススメします。あけっぱなしのアラームが鳴って焦りました。

2.今回の食材

野菜・乾物など

ほうれん草1袋

たまねぎ1/2個

じゃがいも2~3個

かぼちゃ1/4個

赤ピーマン1袋(4個)

●ミニトマト5個

●しょうが適量

●小ねぎ適量

肉・魚・加工品など

手羽元10本

豚肩ロースブロック350g

豚ひき肉300g

ちくわ1袋

●ツナ缶1缶

●卵3個

(●:家にあった食材)

作り置き用に買い出しした食材の合計金額は2,500円くらいでした。金額のなかには、お米やフルーツ、嗜好品費、作り足しした分の食材費は含まれていません。

赤ピーマンが安く出回っていたので、ひさしぶりに買ってみました。緑ピーマンより苦味がなく甘いので、子どもにも食べさせてみようと思います。

3.今回の手順やポイント

下ごしらえ

調理時間:20分

おかず 下ごしらえ
レンジ煮豚 調味料に漬ける
手羽元のオーブン焼き 調味料に漬ける
和風照り焼きハンバーグ 肉だねを作る

調理当日の午前中に下ごしらえをしました。

おかず8品の作った順番

調理時間:70分

補足

コンロは2くち使います。
調理器具について
フライパン、オーブン、片手鍋、電子レンジを使います。
洗うマーク[]について
洗剤を使ってしっかり洗うときにチェックを入れています。
水で洗い流すだけ、キッチンペーパーでふき取るだけの場合は、チェックを入れていません。ゆでるときは、そのつど新しい湯を沸かしています。

手順 火を使わない フライパン/オーブン 片手鍋
キッシュ生地作り
手羽元のオーブン焼き(オーブン)
ゆでほうれん草
じゃがいも(電子レンジ)
しらたき(ゆで)
レンジ煮豚(電子レンジ)
かぼちゃとツナの煮物
しらたきの炒り煮(フライパン)
ポテトマッシュキッシュ(オーブン)
洗う (フライパン)
和風照り焼きハンバーグ(フライパン)
赤ピーマン(電子レンジ)
ちくわ(電子レンジ)
赤ピーマンとちくわのごま和え(和える)
  • 手羽元と豚肉ブロックは、調理前に冷蔵庫から出して室温に戻します。
  • まずはじめに「ポテトマッシュキッシュ」用のキッシュ生地を作り、冷蔵庫で冷やしておきます。
  • オーブン調理がふたつあるので、手間の少ない「手羽元のオーブン焼き」から先に調理します。
  • 片手鍋でほうれん草としらたき(ともにゆでもの)、「かぼちゃとツナの煮物」を続けて調理し、並行してレンジ加熱もおこないます。
  • 「和風照り焼きハンバーグ」の調理と平行して、赤ピーマンとちくわの下ごしらえをします。
  • おおまかに言うと、ゆでもの/煮物→炒め物→和え物の順番だと、私の場合は効率的に調理することができます。

なお、「まとめて作り置き」に慣れないあいだは、野菜を切る、調味料を混ぜる、などの下ごしらえを最初にまとめてやっておくと、そのあとあわてずに調理ができて、精神的にラクかなと思います。

先週と先々週に公開した最新レシピ一覧

つくおき

スグめし

よくあるご質問ページ

いままでにいただいた質問をまとめています。作り置きや料理に関する疑問の参考にどうぞ。

FAQ
よくあるご質問(FAQ)

「つくおき」シリーズレシピ本のご紹介

これまでに出版した「つくおき」シリーズのレシピ本です。ぜひ合わせてご覧ください。

レシピ本つくおきのじみべん

最新刊!全国書店でも発売中。

「つくおき」シリーズとしては4冊めのレシピ本になりますが、このたび累計部数が100万部を突破しました。みなさんご購入いただき、本当にありがとうございます!

コチラで本の内容を簡単にまとめています。よろしければご参考になさってください。

レシピ本つくおき週末まとめて作り置き

《第3回 料理レシピ本大賞》大賞受賞

レシピ本もっとつくおき

シリーズ第2弾!より充実した内容です。

第三弾!生活パターンに合わせた作り置き。