90分で9品。週末作り置き・常備菜レポート(2018/7/22)

2018年7月第4週の作り置き・常備菜レポートです。調理時間90分でおかず9品をまとめて作り置き。
食材、食費、そして調理手順まで、1週間(平日4~5日)分の作り置きおかずをレシピとともにご紹介します。

アレンジできるおかずをメニューに組み込み、食べ飽きない1週間になるよう工夫しました。すべて掲載済みのレシピで作っているので、まるごとご参考いただけます。今回は献立5パターンと作り置き動画もあるフルコースです。

週末まとめて作り置きのコツを見る

作るおかずの決め方から効率的な作り方まで、作り置きのコツはこちらをご覧ください。

最近は「週末まとめて作り置き」の品数は少なめにして、平日に時短おかずを作り足ししています。

レシピサイト『スグめし』

作り足しおかずに最適な時短簡単レシピを掲載。ぜひ、合わせてご利用ください。

もくじ

1.今回の作り置きおかず

副菜6品、メインおかず3品の計9品を作りました。

「ひじきと根菜の甘辛煮」はちょっと季節はずれですが、れんこんが風邪予防によいので作りました(家族全員が夏風邪気味)。れんこんが手に入らない場合は、抜かして作ってもオッケーです(調味料の分量は調整してください)。
「ズッキーニとトマトのサラダ」はトマトが熟しすぎていたからなのか、ちょっと失敗してしまいました。ベチャッとなった感じです。「肉味噌」は赤味噌を切らしていたので、米味噌に甜麺醤を足して代用しました。

★は手順写真を追加するなど、よりわかりやすい内容にして近日中に更新したいと思っています。

2.1週間の献立

作り置きを活用した平日5日分の献立をご紹介します。

月曜日

主菜:から揚げ

副菜①:カボチャのBBQグリル

副菜②:ゆでブロッコリー

副菜③:ズッキーニとトマトのサラダ

  • 作ったおかずをそのまま並べました。

火曜日

主食:肉味噌そぼろ丼

副菜①:きんぴらごぼう

副菜②:ひじきと根菜の甘辛煮

副菜③:ほうれん草のおひたし

  • 肉味噌そぼろ丼炒り卵を追加で作り、そぼろ丼にしました。大葉で仕切っています。
  • ほうれん草のおひたし:ゆでほうれん草をさっぱりとおひたしにしました。

水曜日

主菜:豚肉のしょうが焼き

副菜①:ズッキーニとトマトのサラダ

副菜②:ひじきと根菜の甘辛煮

  • 豚肉のしょうが焼き:漬けていた豚肉を焼きました。冷凍していたもやしも一緒に炒めて付け合せに。

木曜日

主菜:酢鷄

副菜①:ほうれん草のごま和え

副菜②:きんぴらごぼう

  • 酢鷄:から揚げと冷凍していたパプリカミックスで、酢鶏にアレンジしました。
  • ほうれん草のごま和え:ゆでほうれん草をごま和えにアレンジしました。

金曜日

主食:肉味噌まぜうどん

副菜①:かぼちゃのBBQグリル

副菜②:ゆでブロッコリー

副菜③:ひじきと根菜の煮物

  • 肉味噌まぜうどん:冷凍うどんに水菜、肉味噌をのせています。今の季節にぴったり。中華めんで肉まぜそばにしてもよいと思います。

3.今回の食材

野菜・乾物など

ブロッコリー1株

ほうれん草1袋

ズッキーニ1本

トマト中1個

かぼちゃ1/4個

ごぼう細2本(約200g)

にんじん小2本

たまねぎ1/4個

れんこん小2節(約160g)

たけのこ水煮1袋(120g)

しょうが1かけ

●大葉2~4枚

●レタス2~3枚

●水菜1/2袋

●冷凍もやし適量

●冷凍パプリカミックス適量

肉・魚・加工品など

鶏むね肉1枚(400g)

豚ひき肉380g

豚ロースしょうが焼き用約260g

ちくわ3本

●卵4個

(●:献立で使用)

作り置き用に買い出しした食材の合計金額は2,800円くらいでした。金額のなかには、お米やフルーツ、嗜好品費、●は含まれていません。

4.今回の手順やポイント

おかず9品の作った順番

調理時間:90分

補足

コンロは2くち使います。
調理器具について
片手鍋、フライパン、オーブンを使います。
洗うマーク[]について
洗剤を使ってしっかり洗うときにチェックを入れています。
水で洗い流すだけ、キッチンペーパーでふき取るだけの場合は、チェックを入れていません。ゆでるときは、そのつど新しい湯を沸かしています。

手順 火を使わない フライパン/オーブン 片手鍋
豚肉のしょうが焼き(漬けるだけ)
から揚げ(下ごしらえ)
ゆでブロッコリー

ほうれん草(ゆで)
カボチャのBBQグリル(オーブン)
ひじきと根菜の甘辛煮
ズッキーニとトマトのサラダ
洗う
きんぴらごぼう
洗う
から揚げ
肉味噌
ゆでほうれん草(水気を切り、切る)
  • まずは肉の下ごしらえをまとめてやります。
  • つぎに片手鍋でブロッコリー、ほうれん草をゆで、煮物を調理します。
  • オーブン調理はひとつだけなので、下ごしらえが終わったタイミングでオーブンにセットします。
  • から揚げを揚げたあとはフライパンの油をさっとふき取り、続けて肉味噌を調理します(から揚げは、フライパン自体はそんなに汚れないため)。
  • おおまかに言うと、ゆでもの→煮物→炒め物・揚げ物→和え物の順番だと、私の場合は効率的に調理することができます。

なお、「まとめて作り置き」に慣れないあいだは、野菜を切る、調味料を混ぜる、などの下ごしらえを最初にまとめてやっておくと、そのあとあわてずに調理ができて、精神的にラクかなと思います。

5.今回の作り置き動画

実際に作り置きしている様子を撮影しました。2倍速のぶつ切りダイジェストになっています。

先週公開した最新レシピ一覧

※SNSやお知らせコーナーではすでに告知してありますが、このたび「スグめし」を「つくおき」に統合することにしました。スグめしはすぐに閉鎖するわけではないので引き続きご利用いただけますが、今後はスグめしのレシピもつくおきにアップしていきます(https://cookien.com/tag/sugumeshi/)。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

よくあるご質問ページ

いままでにいただいた質問をまとめています。作り置きや料理に関する疑問の参考にどうぞ。

FAQ
よくあるご質問(FAQ)

「つくおき」シリーズレシピ本のご紹介

これまでに出版した「つくおき」シリーズのレシピ本です。ぜひ合わせてご覧ください。

レシピ本つくおきのじみべん

最新刊!全国書店でも発売中。

「つくおき」シリーズとしては4冊めのレシピ本になりますが、このたび累計部数が100万部を突破しました。みなさんご購入いただき、本当にありがとうございます!

コチラで本の内容を簡単にまとめています。よろしければご参考になさってください。

レシピ本つくおき週末まとめて作り置き

《第3回 料理レシピ本大賞》大賞受賞

レシピ本もっとつくおき

シリーズ第2弾!より充実した内容です。

第三弾!生活パターンに合わせた作り置き。