90分で8品。週末作り置き・常備菜レポート(2019/11/17)

2019年11月第4週の作り置き・常備菜レポートです。調理時間90分でおかず8品をまとめて作り置き。
1週間分(平日4~5日)のおかずとともに、食材や調理手順、ポイントなども合わせてご紹介します。

持っている調理器具をフル活用して、手間がかかるおかずも効率よく作りました。

もくじ

1.今回の作り置きおかず

副菜

ベジタブルオープンオムレツ

ささみとブロッコリーの粒マスタードサラダ

長ねぎの照り焼き

切り干し大根の煮物

キャロットラペ

メイン

豚のひとくち角煮

鮭のチーズフライ

チキングリル大葉ソース

副菜5品、メインおかず3品の計8品を作りました。リンクのないものは未掲載のレシピです。随時更新を予定しています。

キャロットラペはしりしり器でせん切りにしてみたら、調味料はよくからむし、食感もふわっとしていて成功でした。

2.今回の食材

野菜・乾物など

ブロッコリー1株

長ねぎ3本

大葉10枚

切り干し大根1袋

●にんじん1と1/2本

●たまねぎ1/4個

●じゃがいも1個

●しょうが2かけ

●グリーンピース(冷凍)適量

●レーズン約30g

肉・魚・加工品など

豚バラブロック肉500g

鶏もも肉400g

鶏ささみ3本

生鮭3切

4個

●ハーフベーコン1袋

●油揚げ(冷凍)1枚

(●:家にあった食材)

作り置き用に買い出しした食材の合計金額は3,000円くらいでした。金額のなかには、お米やフルーツ、嗜好品費は含まれていません。根菜類はすでに買い置きしてあったので、買い出しがラクでした。今回は、買い置きしていた食材をうまく使えたかなと思います。

作り足しおかず

おかず

エビチリ春巻き(巻いた状態で冷凍)

ぶり大根

作り足したおかずを一部紹介します。最近、魚介のおかずをあまり作っていなかったので、新しく2品試作してみました。

3.今回の手順やポイント

おかず8品の作った順番

調理時間:90分

補足

コンロは2くち使います。
調理器具について
電子レンジ、フライパン、オーブン、圧力鍋、浅型両手鍋1つを使います。
洗うマーク[]について
洗剤を使ってしっかり洗うときにチェックを入れています。
水で洗い流すだけ、キッチンペーパーでふき取るだけの場合は、チェックを入れていません。ゆでるときは、そのつど新しい湯を沸かしています。

手順 火を使わない/電子レンジ フライパン/オーブン
角煮の下ゆで(両手鍋)
鶏肉の下ごしらえ
ささみとブロッコリーを蒸す(フライパン)
ささみとブロッコリーの粒マスタードサラダ(和える)
ベジタブルオープンオムレツ(オーブン)
豚のひとくち角煮(圧力鍋)
にんじん塩もみ
鶏肉を焼く(オーブン)
鮭のチーズフライ(フライパン)
切り干し大根の煮物(浅型鍋)
長ねぎの照り焼き(フライパン)
キャロットラペ(和える)
洗う
チキングリル大葉ソース(フライパン)
  • 角煮は調理に時間がかかるので、まずはじめに取り掛かります。
  • 「ささみとブロッコリーの蒸し」「鮭のフライ」は、どちらもフライパンはたいして汚れないので、キッチンペーパーでさっとふき取り、次の調理にうつります。
  • オーブン調理が2つありますが、オムレツは天板を汚さないので、まずオムレツから作ります。
  • 切り干し大根の煮物は、完成したら浅型鍋のままで冷蔵保存します。

なお、「まとめて作り置き」に慣れないあいだは、野菜を切る、調味料を混ぜる、などの下ごしらえを最初にまとめてやっておくと、そのあとあわてずに調理ができて、精神的にラクかなと思います。

レシピ本冷凍つくおき

最新刊!絶賛発売中!

作り置きおかずの冷凍の仕方や、冷凍食材の活用方法などを本にまとめました。「つくおき」シリーズとしては5冊めのレシピ本になります。
コチラで本の内容を簡単にまとめています。ぜひご参考ください。

直近3週間に公開した作り置きレシピ一覧

よくあるご質問ページ

いままでにいただいた質問をまとめています。作り置きや料理に関する疑問の参考にどうぞ。

「つくおき」シリーズレシピ本のご紹介

これまでに出版した「つくおき」シリーズのレシピ本です。ぜひ合わせてご覧ください。

レシピ本つくおき週末まとめて作り置き

《第3回 料理レシピ本大賞》大賞受賞

レシピ本もっとつくおき

シリーズ第二弾!より充実した内容です。

第三弾!生活パターンに合わせた作り置き。

レシピ本つくおきのじみべん

第四弾!パターンで詰めるお弁当。