週末まとめて作り置き・常備菜レポート(2017/3/4)

2017年3月第1週の作り置き・常備菜レポートです。調理時間80分で9品まとめて作り置き。使った食材とおおよその食費、実際に作ったおかずまで、1週間(平日5日)分の作り置きをレシピとともにご紹介します。作り置きをしない方も1週間の献立としてご参考ください。

週末まとめて作り置きのコツを見る

作るおかずの決め方から効率的な作り方まで、作り置きのコツはこちらをご覧ください

ここ最近は、「まとめて作り置き」の品数を少なめに抑えて、その代わり、時短おかずを作り足して、作り置きおかずと一緒に食べることが多くなってきました。これからはそんなスタイルで作り置きをすることが増えそうです。

もくじ

1.今週の食材

野菜・乾物など

ブロッコリー1株

小松菜1袋

ほうれん草2袋

きゅうり3本

レンコン200g

ごぼう1本

●にんじん1本

肉・魚・加工品など

鶏むね肉380g

ささみ2本

3切

たまご3個

こんにゃく1袋(200g)

無調整豆乳小1パック

●ベーコン小2袋

(●:家にあった食材)

ブロッコリーは買う予定がなかったのですが、立派すぎるものが売られていたので、つい買ってしまいました。ブロッコリーは買ったらとりあえず茹でておくことが多いです。

2.今週の作り置きおかず

週末まとめて作り置き・常備菜(20170304)

副菜

ほうれん草とベーコンのバター炒め

レンコンとささみの胡麻マヨ和え

コマツナたまご炒め

茹でブロッコリー

こんにゃくとごぼうの南蛮

きゅうりのピリ辛ラー油和え

メイン・ご飯

ハーブチキン

鮭の豆乳煮込み

にんじんご飯

1袋3本入りで買っていたにんじんをそろそろ使いたかったので、すりおろしてお米と一緒に炊き込みました。
副菜6品、メイン2品、炊き込みご飯1品を作りました。リンクのないものは未掲載のレシピです。随時更新を予定しています。

3.今週のポイント

調理

調理時間:80分

おかず9品の作った順番

補足

コンロは2口使います。
調理器具について。
26cmのフライパン、片手鍋、両手鍋、炊飯器を使います。
洗うマーク[]について。
洗剤を使ってしっかり洗う時にチェックを入れています。
水洗いで流すだけの場合はチェックを入れていません。茹でる行程の間は毎回お湯を捨てています。

手順 火を使わない/炊飯器 フライパン 片手鍋/両手鍋
きゅうり塩もみ
にんじんご飯(炊飯器)
ハーブチキン(両手鍋)
茹でブロッコリー
こんにゃくとごぼうの南蛮
ほうれん草(茹で)
ほうれん草とベーコンのバター炒め
鮭の豆乳煮込み
レンコンとささみの胡麻マヨ和え(レンジ)
洗う
コマツナたまご炒め
きゅうりのピリ辛ラー油和え

ポイント

ほうっておくだけでできるおかずから先に調理します。今回作った炊き込みご飯とハーブチキンは調理時間はかかりますが、最初にセットすればほうっておくだけなので、先に調理しました。
そのあとは片手鍋を使って茹でるおかずから調理していきます。茹でるものがなくなったら、煮込み料理を開始します。
フライパン調理は2品ありますが、1回めのフライパン調理のあと、フライパンを少し冷ましてから洗いたいので、別の調理器具を使うおかずを調理しています。

今週の食費

今週の作り置き用に買い出しした食材の金額は、2,500円くらいでした。2,500円の中にはフルーツや嗜好品などは含んでいません。

今週公開したレシピ

肉豆腐の常備菜・作り置きレシピ満足度の高い和風煮物おかず。肉豆腐
温め直して美味しい、身体温まる定番おかず。

チキンの粒マスタード煮込みの常備菜・作り置きレシピチキンの粒マスタード煮込み
粒マスタードがアクセントのクリーム煮。温め直して美味しいメニューです。

チンゲン菜と桜えびのオイスター炒めの常備菜・作り置きレシピ彩りおかず。チンゲン菜と桜えびのオイスター炒め
年間を通して手に入る食材を使った、赤と緑でお弁当の彩りにもなる副菜です。

よくあるご質問ページ

FacebookやInstagramなどで頂いた質問をまとめています。作り置きに関する疑問の参考にしてみてくださいね。

FAQ
FAQ – 作り置きおかず・常備菜のレシピに関するご質問

レシピ本発売中

全国書店でつくおきのレシピ本が発売されています。よろしければご覧ください。

レシピ本つくおき週末まとめて作り置き

《第3回 料理レシピ本大賞》大賞受賞

レシピ本もっとつくおき

シリーズ第2弾!より充実した内容です。