共働き夫婦(子なし)のリアル食費ってどれくらい?

週末に1回の買い出しで、作り置きを実施。作り置きおかずがあるので毎日のご飯はほとんど家で食べます。
まとめて買い出しをするポイントとして、ムダなく節約。1週間分の食材を買い出し1回ですませる!で、だいたい一週間にどういうことを考えて買い出しをしているかを紹介しました。
今回はもう少し具体的な食費&節約につながるポイントにスポットをあてて紹介します。
(食費:交際費は含みません)

共働きの作り置き

補足

  • 私たちの朝ご飯は作り置きではなく、ほぼ毎日コレ
    毎朝5分で朝ご飯!フルグラのフルーツヨーグルト
  • 私たちのお昼ご飯は、フルタイム勤務時は2人とも作り置きおかずでお弁当を持参。育児休業中にはほとんど家で作り置きおかずを食べています。
  • 私たちの晩ご飯は、2人とも作り置きおかずを食べます。その他に納豆、豆腐、生トマト等を食べることもあります。
  • 1週間のうちに何回かは簡単なパスタなどを作ったり、テイクアウトをしたおかずを食べたりします。

1週間の買い出し詳細

下記はある週のレシート詳細です。

2014/7/6のレシート

朝食用のフルーツとヨーグルト

バナナ8本198円

ゴールドキウイ(4こ入り)399円

ヨーグルト(450g)×2226円

作り置き用の野菜

ブロッコリー158円

ミニトマト100円

ピーマン(大6こくらい)148円

ズッキーニ95円

にんじんバラ売り×153円

ゴボウ1本198円

もやし1パック35円

小松菜98円

作り置き用の魚・肉類

むね肉2枚(450gくらい)214円

ごまさば1尾279円

解凍ちりめん258円

乾燥おから58円

高野豆腐(198g)217円

晩ご飯用の納豆トマトなど

納豆62円

中玉トマト×3238円

生のり200円

ストック

ミューズリー749円

きざみのり130円

にんにくチューブ92円

大葉49円

生姜138円

飲料

豆乳(1000ml)150円

炭酸水(500ml)×3270円

嗜好品

kiriクリームチーズ279円

アイス65円

アイス150円

その他

ボリ袋×212円

合計5587円

※単価が内税だったり外税だったりしてるので、全部足しても合計金額とは合いません※

週によって多少は前後しますが、毎週5,000〜8,000円くらいをまとめて買うことが多いです。
牛乳や飲料は週の途中で数回買います。

1ヶ月の食費

1週間を4週と考えると、スーパーでの食費は8,000×4=32,000円
まとめて買い出し以外にも嗜好品を週に3,000円くらいは買っている気がするので、3,000×4=12,000円を足して、44,000円。
なので、1ヶ月の食費は、だいたい22,000円/人です。

嗜好品が多いのでもう少し節約できるかもしれませんが、食材の買い過ぎを防ぎ、自炊をすると、これくらいの金額になりました。

節約につながる買い出しのポイントは?

私は下記のようなことを気にして食材を買うようにしています。

1つめ

作り置きの野菜、肉・魚類は使い切る量だけ買う
例えば、にんじんは必ずお買い得感いっぱいの3本入りを買わずに、バラ売り1本を買います。にんじんは3本入りのものを買うといつの間にか傷んでしまっていることがあるのでそうしています。
1週間以上大丈夫な野菜なら見越して買っても、もちろん大丈夫です。

2つめ

在庫管理をしっかり行う
買い出しする前に、今冷蔵庫には何が残っているかを確認します。
それは、【週末作り置きの一週間】1.買い出し前の在庫チェックの中でも書きました。
日持ちのするたまねぎ、じゃがいももうっかりしてると傷んでしまうので、在庫管理はとても重要です。

3つめ

作りたいもの優先ではなく、その日スーパーに置いている安いものを優先する
今週はコレを作りたいと思って、いざスーパーに行ってみると必要な食材が高いことがあります。そんな時は潔く諦めて、安い食材で作り置きできるおかずを考えます。

スポンサーリンク