蒸し鶏の春雨サラダ

ごまみそ味で箸がすすむ、蒸し鶏の春雨サラダのレシピです。ヘルシーで大人にも子どもにもオススメ。主菜にも副菜にも使えます。レンジと鍋で並行して調理することが、効率よく作るポイントです。

蒸し鶏の春雨サラダの料理写真

冷蔵保存:3

材料(保存容器大1個分

鶏むね肉約250g

◯砂糖大1/2

◯塩小1/2

乾燥春雨(メモ1約40g

きゅうり1本

にんじん1/2本(約50g)

牛乳(メモ2大1

◎みそ大2

◎すりごま大1.5

◎醤油大1/2

◎砂糖大1/2

◎ごま油大1/2

ざっくり作り方

鶏肉は皮と余分な脂を取り除き、観音開きにします。フォークなどで数カ所穴をあけ、◯の砂糖、塩を順番にもみ込みます(メモ3)。

耐熱皿に鶏肉を置き、ぴったりとラップをし、150wの電子レンジで10分加熱します。裏返して、さらに2分加熱します。(メモ4)。

にんじん、きゅうりは細切りにします(メモ5)。にんじんは耐熱容器に入れ、ふわりとラップをし、500wの電子レンジで1~2分ほど加熱し、水気を切ります。

鍋にたっぷりの水と牛乳を入れて火にかけ、乾燥春雨をゆでます。ゆで上がったら、ざるにあげて水気を切ります。

鶏肉を手でさきます。ボウルに◎を入れて混ぜ合わせたら、すべての食材を入れ、よく和えて、完成(メモ6)。

お料理メモ

メモ1:春雨ついて

  • 春雨は緑豆春雨です。小分けタイプが便利です。
  • 長いものは半分に切ったほうが食べやすいと思います。
  • ゆで時間はパッケージに書いてある説明に従ってください。

メモ2:ゆでるときに牛乳を入れる

  • 牛乳の乳脂肪分が春雨にコーティングされて、春雨どうしがくっつきにくくなります。少量なので味に影響はありません。
  • 牛乳を入れると吹きこぼれやすくなるので、火力を調整してください。

メモ3:砂糖と塩をもみ込む理由

  • 砂糖と塩の保水効果で、鶏むね肉がやわらかく仕上がります。
  • 1~2分もみ込むだけでも効果はありますが、ポリ袋に入れて冷蔵庫でひと晩寝かせても。より効果があります。ひと晩漬けたら、調理前に冷蔵庫から出して室温に戻します。

メモ4:電子レンジは低出力で加熱する

  • ぴったりとラップをして低出力(150~200w)で加熱することで、しっとりとした仕上がりになります。
  • 鶏肉の加熱後は火の通り具合を確認し、まだ生っぽい部分があるようなら、追加で30秒ずつ加熱してください。

メモ5:野菜の下ごしらえ

  • きゅうりとにんじんは、同じくらいの細さになるように切ります。
  • きゅうりは切ったあと、キッチンペーパーの上に置いて余分な水分を取ります。

メモ6:和えるときのポイント

  • 旨味があるので鶏肉から出てきた水分も一緒に和えます。
  • 時間がたつと調味料が下にたまるので、取り分けるときにも軽く上下をかき混ぜたほうがよいです。

調理道具・調味料のご紹介

浅利佐助商店 百年蔵みそ 500g(Amazon楽天
九鬼 ヤマシチ純正胡麻油(Amazon楽天
iwaki 耐熱パイ皿 Sサイズ(Amazon楽天

今回使った保存容器

商品名:野田琺瑯 ラウンド 14cm

容量:800ml