粉ふきいものツナ和え

ホクホク感がおいしい粉ふきいものツナ和えのレシピ。片手鍋ひとつで作れます。ツナの旨味が粉ふきいもによくからんでいます。冷めていても温め直しても、どちらでもおいしいです。

粉ふきいものツナ和えの料理写真

冷蔵保存:4

材料(保存容器中1個分

じゃがいも2~4個(約300g)

◎ツナ缶(油漬けタイプ)1缶

◎醤油小2

◎砂糖小1

◯ごま油少々(お好みで)

小ねぎお好みで

ざっくり作り方

じゃがいもは皮をむいて芽を取り、ひとくち大に切ります(メモ1)。

鍋にじゃがいも、かぶるくらいの水を入れ、火にかけます。煮立ったら弱火~中火にし、ふたをして7~8分ほどゆでます(メモ2)。

じゃがいもが中までやわらかくなったら火を止め、鍋の湯を捨てます。

鍋を再び弱火にかけ、じゃがいもをやさしく転がしながら水分を飛ばします。表面に粉がふいたら、◎を入れ、混ぜながら水分を飛ばします(メモ3)。

火を止めて◯を入れ、軽く和えて、完成。お好みで小ねぎを散らします。

お料理メモ

メモ1:新じゃがいもで作る場合

新じゃがいもの場合は皮付きのまま調理できます。私は味がよくからむよう、ところどころ皮をむいています。

メモ2:ゆでるときのポイント

  • 「かぶるくらいの水」とは、材料がぎりぎりすべて水につかるくらいの水加減をいいます。
  • 7~8分は目安です。じゃがいもに竹串をさし、すっと入るくらいまでのやわらかさになるまでゆでます。

メモ3:ツナ缶の缶汁

旨味があるのでツナ缶の油も一緒に入れます。ごま油も入れるので、ベチャッとならないよう適量入れてください。

調理道具・調味料のご紹介

富士ホーロー 片手鍋 16cm(Amazon楽天
はごろも シーチキンLフレーク 8缶(Amazon

今回使った保存容器

野田琺瑯

商品名:野田琺瑯 レクタングル深型S

容量:500ml