【週末作り置きの一週間】2.作り置きおかずの品数決定

一週間の作り置きで実践している方法を紹介します。この記事では作り置きをする前に決める品数ついて記載しています。
買い出し前の在庫チェックが終ったら、品数をおおまかに決めます。

もくじ

2-1.在庫おかずの把握

買い出し前の在庫チェックでは、冷蔵保存のまま翌週に持ち越すおかず、冷凍庫に保存しているおかずを把握しました。
残っているおかずの品数と量をみて、今週作る副菜とメインのおかずの数は、何品くらいがいいか考えます。

2-2.一週間の外食予定の把握

自分も含め、家族の一週間の外食予定を把握します。急な外食もありますから、現在わかっている範囲で大丈夫です。
予定が多く入りそうな場合は、冷凍保存に向いているおかずを作ると残りそうな場合も安心です。

2-3.品数をだいたいで決める

残っているおかずと外食予定がわかったら、品数をだいたいで決めます。

例えば私の場合、毎週副菜を6〜10品、メインを3〜5品作るので、おかずの数を1〜3品減らします。
数字にこだわる必要はなく、いつもより多く作るか少なく作るかを把握できていれば大丈夫です。
だいたい作る量を把握したら、次に何を作るかを考えます。

スポンサーリンク