2時間で10品!作り置きレシピってどんなの?

SHARE
更新
一週間の作り置きは、副菜6〜10品、メイン3〜5品作ります。 必要な品数は都度変わりますが、10〜15品あれば、作り置きおかずだけで過ごせたり、簡単なサラダを作り足すだけで一週間ラクに過ごせます。

前提条件

  • 私の場合、一週間作り置きレシピは、平日5日分と考えています。
  • 一週間のうち、フルタイム勤務時には私も夫もお弁当を持って行ってます。
  • お弁当には、メイン1品と副菜2品に、プチトマト、レタスまたはブロッコリーを入れています。
  • 一週間のうち、育児休業中には私も夫もお昼はほとんど家で作り置きを食べます。
  • 私の夕食は、豆腐や納豆と作り置きおかずを2〜3品、お米を食べます。
  • 夫の夕食は、私と同じ作り置きおかずを食べます。メインは肉ものなら100gくらい、魚なら半身程度食べ、お米はほとんど食べません。
  • 平日5日間の夕食を、家できちんと食べる頻度は、2人とも平均6日。
  • 一週間に炊く米は、5〜10合です。
私たち夫婦はそんなにたくさんの量を食べる訳ではないので、作り置きしたおかずだけで平日を過ごせるのかもしれません。 1人暮らしの頃は副菜の作り置きだけ90分程度でやってたときもあり、その頃のコツなどは別の記事にまとめています。

一人暮らしの時の作り置きのコツはこちら(2014/7/13追記)

2週間1セットで考える。一人暮らしの作り置き

作り置きの例

実際に2時間で作っているのはこんな感じです。 batchcooking_20160110 およそ2時間のうちに上記の調理が終わります。 平日に料理をしなくてもいいことを考えると、作り置きしておくとかなりラクです。

作り方の順番

毎回違ったりもするのですが、ざっくりとは下記のような手順です。

作り置き手順

メインおかずの下ごしらえをし一度冷蔵庫へ。

副菜の下ごしらえ、調理開始。

調理は、茹でる/煮る、オーブン調理、炒めの順番。

副菜調理後にメインおかずを調理。

後片付け。

調理をする時は、〈茹でる・和える/煮る/炒める/焼く/炊く〉のどの調理方法に当てはまるかを考え、調理器具を汚しにくいものから調理していきます。そうすると調理器具を洗う回数も少なくなり、テンポ良く調理することができます。 基本的には片手鍋を使うものから先に、フライパンで炒めるものが最後になるように作ります。 並行調理に便利なオーブン料理を入れるのも時間短縮に有効です。 調理をする前に、大まかな流れ、作業のまとまりを頭に入れることがポイントです。 作業途中で順番を間違えても気にせず調理します。

作り置きおかずはこちら

作り置きおかずのレシピ 晩ご飯とお弁当、両方に使える作り置きレシピを紹介しています!

BOOK

シリーズ累計110万部突破!

「つくおきtheBEST」の書影

最新刊!2020年10月22日発売!
Amazon 楽天

「つくおき」の書影

第一弾。レシピ本大賞受賞!
Amazon 楽天

「もっとつくおき」の書影

第二弾。初心者にもオススメです。
Amazon 楽天

「つくおき3」の書影

第三弾!生活パターンに合わせて。
Amazon 楽天

「つくおきのじみべん」の書影

3品詰めるだけの作り置き弁当。
Amazon 楽天

「冷凍つくおき」の書影

オススメの冷凍おかず多数掲載!
Amazon 楽天

「すぐめし献立」の書影

シンプルに作れる簡単献立集。
Amazon 楽天

FOLLOW