はじめに覚える。基本の小松菜煮浸し

フライパンで簡単調理。小松菜を使った定番の作り置きおかずです。日持ちはそこまでよくないので、できる限り週の始めに食べてしまいます。

小松菜の煮浸し

冷蔵保存:3

材料(保存容器中1個分)

小松菜1袋

油揚げ2枚

◎顆粒和風だし小1

◎水150mlくらい

◎酒大1

◎みりん大1

◎醤油大1/2

ざっくり作り方

小松菜は根の部分をよく洗い、5cm幅くらいに切っておく。

油揚げは細く切っておく。

フライパンに◎を全て入れ、煮立たせる。

油揚げ、小松菜の茎の部分からフライパンへ入れ、上に葉っぱの部分を入れます。

フライパンにふたをし、煮汁が少なくなるまで煮て、完成。

お料理メモ

油揚げは1回で使いきれない事がほとんどなので、切っておいて冷凍庫に保存しておくことが多いです。
冷凍したまま、小松菜の煮浸しや切り干し大根の煮物に使います。
油揚げの油抜きは、余計な油をとって味をしみこませるためにやるそうですが、小松菜の煮浸しの場合はやらない方がおいしい気がします。
油抜きをする場合は、ざるに入れ、上からさっと熱湯をかけてます。

スポンサーリンク