たっぷり香味ダレでお箸がすすむ!ネギダレ豚しゃぶ

冷たいままでも温めなおしても、おいしく食べられる常備菜。食欲そそる薬味たっぷりネギダレです。茹でる手順にちょっと時間がかかりますが、丁寧にやることが美味しさのコツです。

butashabu_negijouyu

冷蔵保存:5

材料(保存容器大1個分

豚しゃぶ肉(メモ1250gくらい

長ネギ細3本

にんにく1粒

ごま油(炒め用)大2

◎ごま油大1

◎しょうゆ大2

◎みりん大1

◎調味酢大1

唐辛子(輪切り)お好みで

ざっくり作り方

大きな鍋に水を入れて火にかけ、沸騰する手前で火を止めます(メモ2)。長ネギ、にんにくはみじん切りにします。

フライパンにごま油(大2)を熱し、1の長ネギ、にんにくを入れ、長ネギが透き通るくらいまで炒めます。唐辛子を入れる場合はここで一緒に炒めます。

フライパンの火を止めて、◎の調味料を加えて混ぜ合わせます。

豚肉を1枚1枚広げながら1の鍋に入れて湯がきます。一度に湯がく枚数は6枚を目処にし、色が変わったら順番にザルに上げていきます。(メモ3

ザルに上げた豚肉の水分がある程度切れたら、冷め切らないうちに3のフライパンに入れて和えます。(メモ4

豚肉が無くなるまで、工程4と5を繰り返し、完成。

お料理メモ

メモ1:豚肉は薄切り

スーパーで売られている肉で、冷しゃぶ用またはしゃぶしゃぶ用と書かれている極薄切りの肉を使うことをおすすめします。
私は冷しゃぶ用の豚ロースを使っています。

メモ2:高すぎる温度で茹でない

沸騰しっぱなしのお湯で茹でると固くなってしまうので、鍋の火を止めてから茹でます。

メモ3:やりやすい枚数で茹でる

私の場合は6枚くらいがやりやすかったので、6枚と書いています。
鍋に広げながら豚肉を入れていって、一番初めに入れた豚肉からザルに上げていき、湯がきすぎを防ぎます。
茹でている時に温度が下がりますので、適宜火をつけて鍋の水温を調整して下さい。
上げるタイミングは白くなるまで茹でて下さいね。

メモ4:茹でたらなるべく早く調味液と和える

茹で上がった状態で放っておくと水分が蒸発しすぎてパサつくので、水気がある程度切れたら早めに調味液と和えて下さい。

メモ5:保存時のもう一手間

写真ではわかりにくいかもしれませんが、保存容器に入れる時に豚肉1枚1枚を菜箸を使ってクルッと巻いて置いています。
そうすると食べる時に1枚単位で取り出しやすく、お弁当にも入れやすいです。

今回使った保存容器

iwakiの1.2L容器を使っています。ガラス素材がしゃぶしゃぶによく合います。

スポンサーリンク