野菜もたっぷり食べられる。定番ミートソース

定番のミートソースも自家製にすれば野菜もたっぷり摂れてオススメです。

meat_sauce

冷蔵保存:5

材料(保存容器大1個分

豚ひき肉(メモ1350g

たまねぎ大1/2個

にんじん小1本

にんにく1粒

トマト缶1缶

◯塩(下味用)2つまみ

◯ブラックペッパー(下味用)適量

◎中濃ソース50ml

◎白ワイン50mlくらい

◎砂糖大1

コーンスターチ適量

適量

ざっくり作り方

たまねぎ、にんじんはみじん切りにしておきます。にんにくはすりおろすか、ガーリックプレスでつぶします。(メモ2

鍋に1とトマト缶、◎の調味料を入れて火にかけます。

フライパンを熱し、ひき肉と◯の調味料を入れて、色が変わるくらいまで炒めたら、2の鍋に入れて一緒に煮込みます。(メモ3

鍋底を焦がさないように、やや強めの弱火で野菜が柔らかくなるまで煮込み(20分以上)、塩(分量外)で味を整えます。

火を止めて、水とコーンスターチを1対1の割合で溶いた液体を入れ全体に行き渡らせたら、再び火にかけとろみを付けて、完成。(メモ4

お料理メモ

メモ1:ひき肉の種類

私は赤身70%以上の豚ひき肉を使用しています。肉くさいのが苦手な方にはオススメです。
合いびき肉を使用する場合で肉くさいのが気になる方は、フライパンでひき肉を炒めた後に余計な油をしっかりと取ってから煮込んで下さい。
くさみも取れて余分なカロリーも落とせます。

メモ2:にんにくの下ごしらえ

にんにくはガーリックプレスを使うことが多いです。
私の場合は、工程2のタイミングで鍋の上からプレスしてそのまま入れてしまいます。

メモ3:ひき肉は別で炒める

鍋で炒めるとひき肉がこびり付いてしまうので、面倒ですがひき肉はフライパンで炒めてから移し替えることが多いです。
メモ1で記載した通り、ここで油をしっかり取ることができます。

メモ4:とろみがほしい場合

最後にとろみを付けなくても良いですが、とろみをつけておくとパスタと和えた時にも絡みやすくなります。
コーンスターチがない場合は片栗粉でも代用可能です。
私は両方常備していて、ソースにはコーンスターチを使い、中華のおかずには片栗粉を使います。

今回使った保存容器

野田琺瑯のレクタングル深型Mを使っています。
汁っけがあるおかずなので、大きめの深めのタイプがオススメです。

スポンサーリンク