鶏むね肉のはちみつしょうが焼き

節約の強い味方でもある鶏むね肉のしょうが焼きレシピ。甘辛たれとしょうがよく絡んで美味しいです。
焼くとパサつきがちな鶏むね肉ですが、下ごしらえや切り方などを少し工夫することで、柔らかく仕上がります。

鶏むね肉のはちみつしょうが焼きの常備菜・作り置きレシピ

冷蔵保存:5

材料(保存容器大1個分

鶏むね肉約350g

たまねぎ1/2個

◯砂糖大1/2

◯塩小1/2

◎醤油大1.5

◎はちみつ大2

◎みりん大1

しょうが1〜2かけ

小麦粉約小2

小ねぎお好みで

ざっくり作り方

鶏むね肉は余分な脂を取り除き、数カ所穴をあけ、砂糖、塩の順番に揉み込んだら、食べやすい大きさにそぎ切りにします(メモ1)。たまねぎは薄切りにし、しょうがはすりおろします。

フライパンに油を熱し、中火でたまねぎが透き通るくらいまで炒めたら、小麦粉を薄くまぶした鶏むね肉(メモ2)を入れて両面焼きます。

2に◎としょうがを入れ、たれを絡ませながら炒めて、完成。お好みで小ねぎを散らします。

お料理メモ

メモ1:むね肉の下ごしらえ

皮はお好みで取り除いてください。
砂糖が水分を閉じ込め、さらに、塩のむね肉を柔らかくする効果によって、作り置きにしても柔らかさを保ってくれます。私は前日に下ごしらえをして一晩置いておきますが、1〜2分揉み込むだけでも効果があります。

メモ2:小麦粉は炒める直前に

小麦粉をまぶすことによって、肉汁を閉じ込め、タレもよく絡みます。
早い段階で小麦粉をまぶして置いておくとベチャベチャになってしまうので、焼く直前にまぶします。小麦粉の分量は目安です。つけすぎてもベチャついてしまうので、お肉の表面に薄くつく程度に小麦粉をまぶします。日清 クッキングフラワーや茶こしを使うと、ムラなくまぶすことができます。

今回使った保存容器

野田琺瑯

商品名:野田琺瑯 レクタングル浅型S ホワイトシリーズ

容量:800ml