定番おかず。なすの揚げびたし

多めの油でしっかり揚げ焼きにして、変色せずに作り置けるなすの常備菜です。すぐに食べても、常備菜にして温め直してもおいしいですよ。

nasubitashi

冷蔵保存:3

材料(保存容器中1個分

なす2本

◎醤油小2

◎白だし大1/2

◎みりん小1

◎しょうがチューブ3cm

◯おかか使い切り1パック

◯小ねぎお好みで

ざっくり作り方

なすはヘタを切り落とし、6〜7cmくらいの長さで輪切りにしたら、縦半分に切り、表面に斜めに包丁を軽く入れます(メモ1)。

フライパンに多めの油を熱し、なすを揚げ焼きにします。(メモ2

揚げ焼いている間に◎の調味料を合わせておき、2のなすを入れて調味料に浸していきます。

お好みで、おかかと小ねぎを散らして、完成。

お料理メモ

メモ1:包丁の入れ方

揚げ焼きにする時になすに火が通りやすいように、切ったなすの厚さの半分くらいまで包丁で切り込みを入れます。
斜めに入れると美味しそうに見えます。

メモ2:なすの揚げ焼き

なすを揚げ焼きにするには、多めの油を使います。しっかりと全体に油が行き渡るように、表面は綺麗な紫色になるまで、実の方は綺麗な黄色になるまで揚げ焼きにします。
油はグレープシードオイルを使用しています。

スポンサーリンク