手間なしカフェおかず。チキンソテー with オニオンソース

コンソメ味にちょっとだけ和の調味料を入れてみました。簡単なのに手が込んでいる風に見えます。
カフェで見つけた、コンソメっぽい煮汁のハンバーグに西洋わさびを付けて食べるのが美味しかったので、チキンと普通のわさびでアレンジしました。わさびの味はほとんどしませんが、味に深みがでます。

onion_chicken

冷蔵保存:5

材料(保存容器大1個分

鶏もも肉1枚(300gくらい)

たまねぎ1/2個

にんにく1粒

◯塩コショウ少々

◎顆粒コンソメ大1/2

◎醤油小1

◎わさびチューブ2cm

◎水50mlくらい

ざっくり作り方

鶏もも肉は余分な脂を取り、フォークで数箇所穴を開け、塩コショウをしておきます。(メモ1

たまねぎは薄切りに、にんにくはみじん切りにしておきます。

フライパンに油をひかずに、1の鶏もも肉を皮を下に置き、上ににんにくとたまねぎを置き、フタをして火にかけます。(メモ2

中火で5分くらい経ったら皮を見て、美味しそうなきつね色になっていたら裏返します。焼いている間に◎の調味料を混ぜ合わせておきます。

フタを取り、混ぜあわせた◎の調味液を4に入れて、たまねぎとよく絡ませながら煮詰めます。

煮詰まってきたら、鶏もも肉も返しながらソースに絡めて、完成。お好みでパセリを添えます。

お料理メモ

メモ1:もも肉をそのまま焼く時

1枚を切らずにそのまま焼くと、皮が縮まってしまうので、それを防ぐために皮の方からフォークで穴を開けます。
身を上にしてやると、皮まで貫通してくれないので、皮を上にしてフォークで穴を開けるようにようにします。

メモ2:油はひかない

じっくり蒸しながら焼いていると鶏もも肉から油が出てくるので、油はひきません。
中火で焼き色が付くまで触らずに火を通して調理すると、フライパンにこびり付かずに調理できます。

今回使った保存容器

写真はiwakiの1.2L容器を使用しています。大きめのもも肉でも1枚広げた状態で少し余裕があるくらいです。たまねぎの量を2倍にして作っても全部入る大きさです。

スポンサーリンク