さっくり柔らか。鶏の塩こうじから揚げ

鶏むね肉なのにさっくり柔らかな、塩こうじから揚げのレシピ。とにかく食感が美味しいです。片栗粉を使って揚げ焼きにすることで、時間がたっても衣が油でベチャッとしません。
調理時間は漬け込み時間を除いたものです。

鶏の塩こうじから揚げの作り置き・常備菜レシピ

冷蔵保存:5

材料(保存容器大1個分

鶏むね肉約400g

◎液体塩こうじ(メモ1大2

◎醤油小1/2

◎しょうがチューブ3cm

片栗粉適量

ざっくり作り方

鶏むね肉は余分な脂を取り除き、フォークなどで数カ所穴をあけ、一口大に切ります。

1をポリ袋に入れたら、◎に漬けて、できるだけ空気を抜き、冷蔵庫で一晩寝かせます(メモ2)。

2に片栗粉をまんべんなくつけます。

フライパンに多めの油を熱し、中火~強めの中火で揚げ焼きにして(メモ3)、完成。

お料理メモ

メモ1:液体塩こうじ

塩こうじは、ハナマルキの液体塩こうじを使っています。
漬けるだけで肉が簡単に柔らかくなり、臭みもとれます。液体なので計量もしやすく、いろいろな料理の下ごしらえに使えます。

[ハナマルキ]液体塩こうじ(Amazon , 楽天

メモ2:鶏肉の漬け時間

1時間でも、それなりに柔らかくなります。一晩だと、もっと柔くなります。

メモ3:揚げ焼きのやり方

油が熱したら、皮目を下にしてフライパンに入れ、衣のふちが茶色くなってきたら裏返します。
裏返してからは火の通りが早いので、よい揚げ色になったらささっと取り出して、油を切ります。
裏返す以外はほとんど動かさないこともポイントです。

料理動画

今回使った保存容器

野田琺瑯

商品名:野田琺瑯 レクタングル浅型S ホワイトシリーズ

容量:800ml