ご飯がすすむ。甘辛ダレのチリチキン

エビチリみたいな馴染みのある味です。しっかりした味付けで、お弁当や晩ご飯の食卓にもオススメ。ご飯がすすむおかずです。

冷蔵保存:5

材料(保存容器大1個分

鶏もも肉1枚(約350g)

ふたつまみ

◎ケチャップ大2

◎コチュジャン大1

◎みりん大1

◎砂糖大1(メモ1

◎醤油大1/2

いりごまお好みで

小ねぎお好みで

ざっくり作り方

鶏もも肉は食べやすい大きさに切って、塩をもみ込みます。◎の調味料は混ぜ合わせておきます。

1の鶏肉に片栗粉をまんべんなくまぶします。(メモ2

フライパンに多めの油を入れて熱し、2を揚げ焼きにします。(メモ3

3のフライパンの余分な油をキッチンペーパーなどでふき取り(メモ4)、◎の調味料と揚げ焼きにした鶏肉を絡めて、完成。

お好みでいりごまと小ねぎを散らします。

お料理メモ

メモ1:砂糖の量

甘めが好みの場合は、砂糖を大さじ1.5〜2に変更してください。

メモ2:片栗粉の量

片栗粉は付け過ぎないように、鶏肉の表面に付けたら、軽くはたいて余分な粉を落とします。
きれいなポリ袋に片栗粉と鶏肉を入れて、少し空気を入れてカシャカシャするとまんべんなくついてくれます。
私の場合はポリ袋がないことが多いので、バットに片栗粉を大さじ1〜2くらい入れて粉を付けています。

メモ3:揚げ焼きのポイント

フライパンの温度が高くなり過ぎないように火の強さを調整しながら、片面が美味しいそうなきつね色になるまで動かさないことがポイントです。きつね色になったら裏返します。

メモ4:余分な油

油が気になる場合は、揚げ焼きにしてから一度金網などで鶏肉の揚げ油を落とし、フライパンの余分な油や汚れを拭きとって下さい。
揚げ焼きにした油がフライパンにそこまで残っていない場合は、鶏肉をフライパンの端に寄せてキッチンペーパーで余分な油や汚れを拭き取るだけで大丈夫です。

今回使った保存容器

野田琺瑯

商品名:野田琺瑯 レクタングル浅型S ホワイトシリーズ

容量:800ml

動画