かりっと。とろっと。フライパンで作る大学芋

秋の味覚。レンジとフライパンで作るちょっぴり醤油風味の大学芋。作りたてのかりっと感は作り置きにするとなくなってしまいますが、お弁当にも入れやすいおかずです。

daigakuimo

冷蔵保存:5

材料(保存容器中1個分

さつまいも1/2本(約200g)

◎みりん大1.5

◎砂糖小2

◎醤油少々

黒ごま適量

ざっくり作り方

さつまいもを洗い、乱切りにして、水にさらします。

耐熱容器に水を切ったさつまいもと少量の水を入れ、500wのレンジで3〜4分程度加熱します。(メモ1

フライパンに少し多めの油を熱し、2で柔らかくなったさつまいもを揚げ焼きにします。

表面の色が変わったら火を止めて、キッチンペーパー等でフライパンの余分な油をとります。

フライパンを再び加熱し、混ぜ合わせた◎の調味料を入れ煮詰めます。

調味料にとろみがついたら、さつまいもと絡め、黒ごまをふって、完成。

お料理メモ

メモ1:レンジ加熱のポイント

さつまいもをレンジで柔らかくする場合、水分が飛びやすいので注意が必要です。
大2くらいの水を入れて、耐熱容器のフタを少しずらして加熱。もしくはふわっとラップをして加熱します。

メモ2:かりっとさせるポイント

乱切りにするときに、四角錐の先端を作るように切ると良いです。
フライパンで揚げ焼きにする時はなるべく動かさないようにします。レンジで中まで柔らかくしてるので、表面をかりっとさせます。

今回使った保存容器

野田琺瑯のレクタングル深型Sを使っています。
副菜にちょうど良いサイズです。

noda_f_s

商品名:レクタングル深型S ホワイトシリーズ

容量:500ml

レンジ×/オーブン◯

スポンサーリンク