定番常備菜。覚えやすい分量で作る肉じゃが

調味料はシンプルに砂糖と醤油だけを使った覚えやすいレシピ。調味料はシンプルですが、野菜と肉に味が染み込んでおいしいです。初めて作る方はまずはレシピの分量通りに作ってみて、それからお好みの味に調整すると良いと思います。
レシピの材料にしらたきを加えたり、豚肉を牛肉に変えても良いですよ。私は関西出身なので実家では牛肉の肉じゃがでしたが、今では低コストな豚小間肉で作る事が多いです。

肉じゃがの常備菜・作り置きレシピ

冷蔵保存:5

材料(保存容器1個分

じゃがいも中2個(約250g)

にんじん小1本(約100g)

たまねぎ1/2個(約150g)

さやいんげんお好みで

豚小間肉約150g

◎砂糖大3

◎醤油大2

◎水100ml

ざっくり作り方

じゃがいもは皮をむき、食べやすい大きさに切り、水にさらしておきます。にんじんは2mm幅程度のいちょう切り、または半月切りにして、たまねぎは薄切りにします。豚肉は食べやすい大きさに切ります。さやいんげんはヘタを取っておきます。

鍋(メモ1)に、水気を切ったじゃがいも、にんじん、たまねぎ、豚肉の順番に入れ、◎を入れてふたをし煮立ったら弱火で約15分煮ます(メモ2)。

ふたをあけてさやいんげんを入れ、煮汁がなくなるくらいまで煮たら、完成。

お料理メモ

メモ1:鍋の大きさ

具材が多いので、できれば大きめな鍋の使用をオススメします。私はジオ 両手鍋 20cm GEO-20Tで調理しています。
水は少なすぎると野菜が焦げ付きやすくなり、多すぎると時間が余分にかかったり煮すぎてしまうこともあります。使用する鍋の大きさや火の通り具合によって必要な水の分量は異なるため、水の分量は参考としてください。

メモ2:火が通るまで動かさない

火が通りにくい野菜から順番に入れて、じゃがいもが煮えるまでなるべくふたを開けずにかき混ぜないのがポイントです。
途中で煮汁の様子を見ながら、鍋底に焦げ付きそうなら下の野菜を動かして下さい。じゃがいもが煮えたら、全体をかき混ぜて、再びふたをし全体に味を行き渡らせます。

今回使った保存容器

野田琺瑯のレクタングル深型Sを使っています。
レシピの分量だと入りきらないサイズなので、小分けにするか大きめのものを使います。