素材の味が美味しい。塩肉じゃが

肉と野菜の素材の旨味が美味しい、白だしベースの肉じゃがのレシピ。あっさりめの優しい味付けで、自然と箸がすすみます。
煮物は冷めるときに味がしみるので、作り置きじゃなくても一度冷ますことをオススメします。

塩肉じゃがの常備菜・作り置きレシピ

冷蔵保存:5

材料(保存容器大1個分

じゃがいも(メモ12個(約330g)

しらたき1袋(160g)

にんじん1/2本(約60g)

たまねぎ1/2個

絹さや(メモ25枚(お好みで)

豚バラ薄切り肉(メモ3約180g

◎みりん大2

◎白だし大1.5

◎塩小1

◎水50ml

ざっくり作り方

じゃがいもは皮をむき、食べやすい大きさに切り、水にさらします。にんじんは皮をむき、2mm厚さのいちょう切り、または半月切りにします。たまねぎは皮をむき、薄切りにします。しらたきは、ざるにあげ水気を切り、食べやすい長さに切ります。豚肉はフォークなどで数カ所穴をあけ、食べやすい大きさに切ります。

鍋(メモ4)に、水気を切ったじゃがいも、にんじん、たまねぎ、しらたき、豚肉の順番で入れたら、◎を入れてふたをし火にかけ、煮立ったら弱火で15分煮ます(メモ5)。

ふたをあけて、さらに5分ほど煮汁少なくなるまで煮たら、完成。お好みで仕上げに絹さやをのせます。

お料理メモ

メモ1:じゃがいもの種類

煮崩れしにくいメークインを使ってます。

メモ2:絹さや

絹さやは少量ずつ使うことが多いので、まとめて塩ゆでしたら、水気を切って、冷凍保存しています。

メモ3:肉の種類

コクと旨味がある豚バラ肉がオススメですが、豚肉の中でも脂質が多い部位です。また、肉じゃがには牛肉を使うという方もいます。そのため、豚小間肉や牛肉など、肉はお好みのものをお使いください。

メモ4:鍋の大きさ

具材が多いので、できれば大きめの鍋をオススメします。
水は、少ないと野菜が焦げ付きやすくなり、多いと時間がかかったり、煮すぎることもあります。鍋の大きさや火の通り具合によって必要な水の分量は変わるため、水の分量は参考としてください。

宮崎製作所 ジオ 両手鍋 20cm(Amazon楽天
火の通りがよく、煮物が美味しく作れます。

メモ5:火が通るまで動かさない

材料を入れたら、じゃがいもが煮えるまで、なるべくかき混ぜないのがポイントですが、途中で様子を見て、鍋底に焦げ付きそうなら下の野菜を動かしてください。
じゃがいもが煮えたら、一度全体をかき混ぜて、再びふたをして全体に味を行き渡らせます。

今回使った保存容器

商品名:フリゴベールスクエアー

容量:1000ml