冷やしたままでもおいしい。あじのマリネ

冷たいままでも温めても美味しい。飲食店の前菜として出てきそうな味なので、晩酌にもピッタリです。材料が多く手間がかかりそうですが、見ためよりも簡単にできますよ。

aji_marinating

冷蔵保存:5

材料(保存容器大1個分

小あじ3尾(メモ1

片栗粉適量

たまねぎ1/4個

パプリカ(赤)1/4個

パプリカ(黄)1/4個

レンコン小2節

にんじん1/4本

にんにく2粒

◎白ワインビネガー(メモ2大3

◎砂糖大1.5

◎塩少々

ざっくり作り方

たまねぎ、パプリカ、にんじんは細切りに、レンコンは3〜4mmの輪切りに、にんにくは薄切りにしておきます。

あじは塩(分量外:ふたつまみ)をふり、キッチンペーパーで軽く水分をふきとります。

フライパンに多めの油を熱し、1の野菜をさっと炒め、取り出します。

3のフライパンに片栗粉を薄くまぶした2を入れて、揚げ焼きにします。(メモ3

容器に◎の調味料を入れて混ぜ合わせたら、3、4を入れてさっと混ぜ合わせて、完成。お好みでパセリを散らします。

お料理メモ

メモ1:3枚におろされたもの

3枚におろされた小あじ(あじの大きさが約15cm未満)を使用しました。魚は2枚か3枚におろしてあるものを使うことが多いです。
小あじの場合は小骨も食べられるので、おろされたものを買うと調理が簡単ですよ。

メモ2:白ワインビネガーの代用

洋風な味付けにしたかったので、白ワインビネガーを使用していますが、ない場合はお手持ちの穀物酢などでも代用できると思います。あれば白ワインも少量加えると風味が近くなると思います。
はじめは少量で、味を見ながら調整してください。

メモ3:油はきらなくても大丈夫

揚げ焼きにしたあじはフライパンのふちで軽く油をきったら、そのまま容器に入れてしまいます。
油が気になる場合は、網などに一度あげて、油をきってから混ぜ合わせて下さいね。どちらにしても、あじが冷めきらないうちに調味液と合わせます。

メモ4:お好みで

食べる時や、合わせ調味料にバルサミコ酢を少量加えるのもオススメです。
合わせ調味料に加える場合は、小さじ1程度加えてみてください。

今回使った保存容器

このおかずはiwakiの1.2L容器を使っています。
冷蔵庫にお酢のにおいが広がらないように、ラップをした上からフタをしています。

スポンサーリンク