にんじんの切り方/調理/保存のまとめ

季節を問わず、色味もよくいろいろなおかずで活躍する定番食材「にんじん」。普段の料理に使える基本の切り方のほか、保存や調理のポイントもご紹介します。

もくじ

切り方

動画

1. 薄切り

にんじんの薄切りの写真

  1. 5cmほどの長さのにんじんを、縦半分に切ります。
  2. 端から2~3mm幅に切ります。

輪切りや斜め切りの薄切りもありますが、つくおきとしてはこの縦に切るやり方を薄切りとして、レシピには表記しています。

2. 細切り

にんじんの細切りの写真その1にんじんの細切りの写真その2
にんじんの細切りの写真その3にんじんの細切りの写真その4
  1. 5cm長さのにんじんの側面を薄く切り、平らな面を作ります。
  2. 平らな面を下にして置き、端から薄切りにします。
  3. 薄切りにしたら、少しずらして重ねます。
  4. 端から2~3mm幅に切ります。

3. みじん切り

にんじんのみじん切りの写真その1にんじんのみじん切りの写真その2
  1. まず、細切りと同じ手順で、細切りにします。
  2. 細切りにしたら、横向きにします。
  3. 端から1~2mm幅に切ります。

4. チョッパーを使ったみじん切り

にんじんのみじん切り(チョッパー使用)の写真その1にんじんのみじん切り(チョッパー使用)の写真その2

ひもを引くだけでとても簡単にできます。

  1. にんじんをテキトーに小さめに切り、チョッパーに入れます。
  2. みじん切りができるまで、数回ひもを引きます。

5. しりしり器を使ったせん切り

にんじんのせん切り(しりしり器使用)の写真その1にんじんのせん切り(しりしり器使用)の写真その2

ふわっとした食感がおいしいです。

  1. にんじんを斜めにあてて、けずる感じで少し力を入れて上下に動かします。

6. せん切り器を使ったせん切り

にんじんのせん切り(せん切り器使用)の写真その1にんじんのせん切り(せん切り器使用)の写真その2

きれいで細いせん切りが簡単にできます。

  1. にんじんを斜めに押しあてながら、上下に動かします。

MEMO

  • しりしり器かせん切り器でせん切りにするときは、にんじんをまるっと1本を使ったほうが、長さがあるため安定して切れます。
  • へた部分が最後残るので、ラップで包み冷蔵庫で保存します。乱切りや細切りにし、煮物やみそ汁に入れて使い切ります。

7. 拍子木切り

にんじんの拍子木切りの写真その1にんじんの拍子木切りの写真その2
  1. 4~5cm長さのにんじんを、縦半分に切ります(太い場合は3等分)。
  2. 縦横1cm幅の棒状に切ります。

8. 輪切り

にんじんの輪切りの写真

  1. 端から切ります。料理によって厚みは異なります(サラダなら薄切り、煮物なら厚切りなど)。

9. 半月切り

にんじんの半月切りの写真その1にんじんの半月切りの写真その2
  1. 縦半分に切り、切り口を下にして置きます。
  2. 端から切ります。輪切りと同じく、料理によって厚みは異なります。

10. いちょう切り

にんじんのいちょう切りの写真その1にんじんのいちょう切りの写真その2
  1. 縦4等分に切り、切り口を下にして置きます。
  2. 端から切ります。輪切りと同じく、料理によって厚みは異なります。

11. 乱切り

にんじんの乱切りの写真その1にんじんの乱切りの写真その2
  1. にんじんを手で回しながら、細いほうから太いほうへ斜めに切ります。

12. シャトー切り

にんじんのシャトー切りの写真その1にんじんのシャトー切りの写真その2
にんじんのシャトー切りの写真その3
  1. 5cm長さのにんじんを、縦4等分に切ります(太い場合は6等分)。
  2. 角を面取りして形を整えます。

保存方法

にんじんの保存の基本

  • 裸の状態で置いておかない……乾燥に弱いため、キッチンペーパーやポリ袋で包む
  • 水分をふき取る……表面に水分がついていると、いたみやすくなる
  • 縦にして保存する……育った環境に近づけることが、長持ちになる

冷蔵庫/冷暗所での保存

にんじんの冷蔵庫/冷暗所での保存その1にんじんの冷蔵庫/冷暗所での保存その2
  • 気温が高い夏場は、野菜室で保存します。気温が低い冬場は、冷暗所で保存します。
  • 買ってポリ袋に入った状態で、3~5日保存可能です。一度袋を開けたら、くちを開け閉めできるポリ袋に入れ替え、くちを閉じて保存します。

長期保存

にんじんの長期保存その1にんじんの長期保存その2
  • キッチンペーパーで包み、さらにその上からアルミホイルでぴったり包みます。そうしたらポリ袋に入れ、くちを閉じて保存します。
  • この状態だと2週間ほど保存可能です。キッチンペーパーは適宜、取り替えます。

冷凍保存

3週間程度、冷凍可能です。それ以上だと、冷凍のにおいがついて、味が落ちます。

生のまま冷凍

にんじんのいろいろな切り方の写真

  • 小さめや、薄めに切ったものが生のまま冷凍するのに適しています。ポリ袋に入れ、空気を抜いて凍らせます。みそ汁や炒め物にさっと使えて便利です。
  • 大きいものを冷凍すると、中の食感が劣化します。

調理して冷凍

調理したにんじんであれば、ある程度の大きさ、厚みがあるものも、劣化せずに保存できます。ポリ袋に入れ、空気を抜いて凍らせます。

調理のポイント

塩もみ

にんじんの塩もみ写真

  • 細切りにしたにんじんや、ピクルス用に拍子木切りにしたにんじんは、塩もみすると生でも食べやすくなります。
  • 塩もみしたらしばらく置き、キッチンペーパーで包み、ぎゅっと手でしぼります。

炒める

にんじんの炒め写真

小さめ、薄めに切ったにんじんが炒め物にむいています。固さがなくなり、しんなりするまで炒めます。

ゆでる/煮る

にんじんのゆで写真

拍子木切りや乱切りにした厚みのあるにんじんは、ゆでたり煮たりするのにむいています。水からゆでて、竹串がすっと入るくらいまでゆでます。

レンジ加熱

にんじんのレンジ加熱写真

せん切りや細切りにしたにんじんが、レンジ加熱にむいています。加熱後は余分な水気を切り、和え物に使えます。