落ち着く味。ごぼうとこんにゃくの甘酢漬け

まろやかな酸味とおかかの旨味が食材にしみ込んだ、落ち着く味わいの甘酢漬けのレシピ。ごぼうとこんにゃくは食感が全然違いますが、一緒に食べてみると相性のよい組み合わせです。
作り置きすることで、こんにゃくにもしっかりと味がしみ込みます。

ごぼうとこんにゃくの甘酢漬けの常備菜・作り置きレシピ

冷蔵保存:5

材料(保存容器中1個分

板こんにゃく1枚(250g)

ごぼう1本(約150g)

◎調味酢(メモ1大2

◎醤油大1.5

◎砂糖大1

◎おかか小分け1袋(2.5g)

◎輪切り唐辛子少々(お好みで)

ざっくり作り方

こんにゃくは、手やスプーンなどで食べやすい大きさにちぎり、湯を沸かした鍋で3分ほどゆでたら、ざるにあげて水気を切ります(メモ2)。

鍋に湯を沸かします。◎はボウルでよく混ぜ合わせたら、こんにゃくを熱いうちに入れて、和えます。

ごぼうは皮を薄くむいて、ささがきにし、水にさらしてアク抜きをします(メモ3)。

ごぼうの水気を軽く切り、鍋で6分ほどゆでます。

4をざるにあげて水気を切ったら、熱いうちに2のボウルに入れ、よく和えて、完成。

お料理メモ

メモ1:調味酢とは

調味酢とは、酢に砂糖などの調味料を加えて味をととのえたもので、「合わせ酢」ともいいます。
私は、ミツカンのやさしいお酢を使っています。ツンとこないまろやかな酸味でほんのり甘味もあり、いろいろな料理に使いやすい酢です。

メモ2:こんにゃくの下ごしらえ

こんにゃくは、包丁で切るよりも手やスプーンでちぎったほうが、でこぼこした断面ができて、味がしみ込みやすくなります。

メモ3:ごぼうの下ごしらえ

  • 泥付きごぼうは、こすって土を洗い落とします。
  • 皮に香りや旨味があるので、薄くむきます。
  • 皮は包丁の背でこするようにしてむきます。アルミホイルでこすってもよいです。
  • ささがきは、ごぼうを手でまわしながら、包丁の刃先で鉛筆をけずるように切ります。ピーラーを使ってもよいです。
  • 水にさらす時間の目安は5~10分です。お好みでアク抜きはしなくてもよいです。

メモ4:調味料と和えるとき

こんにゃくもごぼうも、熱いうちに調味料と和えると、味がしみ込みやすいです。

ミツカン やさしいお酢(Amazon楽天
ヤマキ 徳一番かつおパック(Amazon楽天
和平フレイズ パンチングざる 3点セット(Amazon楽天

今回使った保存容器

iwaki保存容器

商品名:iwaki パック&レンジBOX ハーフ (グリーン)

容量:500ml