手間はかかるがうまい。豚肉の手作りソーセージ風

噛むと肉汁がじゅわっとあふれる、手作りソーセージ風のレシピ。成形したり包んだり、手間はかかりますが食べごたえもあっておいしいです。
冷凍保存しても味が落ちずにおいしく食べられます。お弁当にもぜひ。
写真は焼いたあとのものです。

豚肉の手作りソーセージ風の料理写真

冷蔵保存:5

材料(保存容器大1個分

豚ひき肉(メモ1約500g

◎片栗粉大1

◎レモン汁大1/2

◎塩小1

◎ブラックペッパー少々

◎スパイス(メモ2少々

◎きざみパセリお好みで

50mL

ざっくり作り方

ボウルに豚ひき肉を入れ、粘りが出るまでこねます。

1に◎を入れ、しっかりとこねて混ぜ合わせます。

2を6等分して、棒状に成形します。1本ずつラップでつつみ、空気が入らないように両端をしっかりとねじります(メモ3)。

3を3本ずつアルミホイルでつつみ、両端をねじります(メモ4)。フライパンに並べ、水を入れてふたをし、弱火で20分ほど蒸して、完成(メモ5)。

食べるときはラップをはずし、中火で表面に焦げめがつくまで焼きます。お好みでケチャップやマスタードをつけてください。

お料理メモ

メモ1:豚肉の種類

ひき肉のほかに、ロース肉などをミンチ状にして入れてもよいです。肉感がでます。

メモ2:スパイス

お好みのスパイスをお使いください。私はナツメグとタイムを使いました。また、ブラックペッパーを多めに入れるのもよいです。

メモ3:ラップは大きめなものを

ラップは大きめのサイズのほうが肉だねを包みやすいです。私は、横幅が30cmのものを使いました。

豚肉の手作りソーセージ風のラップ包み写真

メモ4:二重に包む

ラップとアルミホイルで二重に包むことで、肉汁を逃さずに蒸すことができます。
きっちりやろうと思ったらアルミホイルでも1本ずつ包んだほうがよいのですが、手間なので3本ずつ包んでいます。

豚肉の手作りソーセージ風のアルミホイル包み写真

メモ5:完成後

完成後はそのまま包んだ状態で冷蔵庫か冷凍庫で保存します。
焼くのは一度完全に冷ましてからにしてください。蒸したあとすぐに焼くと、肉汁が流れ出てしまいます。

調理道具・調味料のご紹介

ポッカサッポロ ポッカレモン100(Amazon楽天
マイヤー フライパン 26cm(Amazon楽天
マイヤー ガラスふた 26cm(Amazon楽天

今回使った保存容器

野田琺瑯

商品名:野田琺瑯 レクタングル浅型S

容量:800ml