からだ温まる。白菜とえのきのとろとろ鶏そぼろ煮

えのきと鶏肉の旨味が白菜にしみておいしい、とろとろでからだも温まる和風な味付けの煮込みおかずのレシピ。煮込むのにすこし時間はかかりますが、調理そのものはシンプルで難しくないです。
ご飯にかけてどんぶりにするのもオススメです。

白菜とえのきのとろとろ鶏そぼろ煮の常備菜・作り置きレシピ

冷蔵保存:5

材料(保存容器中1個分

白菜1/8株(約350g)

えのき茸1袋(200g)

鶏ももひき肉約150g

◎醤油大1.5

◎白だし大1.5

◎みりん大1

◎砂糖小2

ざっくり作り方

えのき茸は石づきを切り落とし、4等分に切り分けます(メモ1)。

白菜は根元を切り落とし、水洗いし、葉は2cm幅のざく切りに、芯は1cm幅の細切りかそぎ切りにします(メモ2)。

鍋に1、2、◎を入れ、ふたをして弱めの中火で5分ほど煮ます(メモ3)。

3のふたを取り、鶏ひき肉を入れ、軽く全体をかき混ぜて鶏ひき肉をバラします。落としぶたをして、中火で20分ほど煮込んだら、完成(メモ4)。

お料理メモ

メモ1:石づき(根元)はどこで切り落とすか

商品にもよりますが、私は包装の色が変わっているところで、袋の上から包丁でざっくりと切り落としています。

メモ2:白菜は葉と芯で切り方を変える

白菜の芯は火が通りにくいので、葉よりも細かめに切ります。
私はおおざっぱに切り方を変えていますが、よりていねいに、葉と芯を∨字に切り分けてからそれぞれを切る、というやり方もあります。

メモ3:煮るときに水はいらない

煮ていると白菜から水分がたくさん出てくるので、煮るときに水は入れなくてよいです。

メモ4:途中でアクをとる

鶏ひき肉からアクが出るので、おたまなどですくい取ります。
もしくは、落としぶたにもなるアク取りを使うと楽ですよ。

ミツカン プロが使う味 白だし(Amazon楽天
タカラ 本みりん らくらく調節ボトル(Amazon楽天
リード アクも油もとるシート 中(Amazon楽天

今回使った保存容器

野田琺瑯

商品名:野田琺瑯 レクタングル深型S ホワイトシリーズ

容量:500ml